TOP > 矢内原忠雄

矢内原忠雄

ISBN978-4-13-003370-1発売日:2011年11月07日判型:四六ページ数:384頁

内容紹介

戦前・戦後の歴史の奔流のなかで,一貫して絶対平和と真の民主主義を訴え,戦後日本の知と心の再建を担った東大総長・矢内原忠雄.没後50年を迎えたいま,迷走する日本に生きる私たちに彼は何を問うか.その精神の息吹を伝える「矢内原忠雄の言葉」を併載.

主要目次

I 生涯
昭和初期からの風雪の人(鴨下重彦)
 1 はじめに――今なぜ矢内原なのか
 2 略歴と伝記
 3 生い立ちから神戸中学まで
 4 一高時代から東京帝大卒業まで
 5 住友時代
 6 東大経済学部助教授、欧米留学、妻の死
 7 受難、教授辞任とその後
 8 戦闘開始、伝道に専心
 9 「二つのSと二つのJ」
 10 終戦、東大復帰、経済学部の再建
 11 初代教養学部長として
 12 東京大学総長として
 13 ハンセン病療養所伝道
 14 登山
 15 宣教一〇〇年から一五〇年へ
 16 沖縄訪問
 17 晩年、今井館での思い出
 18 最後の講演三題について
 19 病と死、葬儀
 20 むすびに代えて――今何が問われているのか
 補遺 駒場の学生諸君へ
矢内原忠雄の言葉 I――晩年の人生論
富士登山/子供のために/人生の選択

II 学問
植民政策論・国際関係論(木畑洋一)
 1 学問的出発
 2 植民政策論
 3 イギリス帝国主義研究
 4 植民政策研究から国際関係論へ
台湾との関わり――花瓶の思い出(若林正丈)
 1 はじめに
 2 「花瓶の思ひ出」――矢内原事件と林献堂
 3 林献堂の「祖国事件」――なぜ林献堂は東京にいたか?
 4 失意の再会――戦後の林献堂と矢内原忠雄
 5 結びに代えて――二つの苦い別れ
南洋群島研究(今泉裕美子)
 1 はじめに
 2 設定された課題と研究の方法
 3 植民史からみた委任統治制度の意義
 4 現地住民の「近代化」に関する分析
 5 熱帯への日本人移民における「沖縄問題」の「発見」
 6 おわりに
植民地研究と〈植民〉概念(塩出浩之)
 1 はじめに
 2 〈植民〉とはなにか
 3 〈植民〉と〈支配〉を区別する意味
 4 移植民論と人口問題
 5 北米・南米移民と朝鮮・満洲移民
 6 おわりに
矢内原忠雄の言葉 II――戦前戦中の文章から
日本精神の懐古的と前進的

III 信仰
「宗教改革論」と東大聖書研究会(川中子義勝)
 1 はじめに
 2 矢内原の東大辞職までの歩みと東大聖書研究会
 3 「宗教改革論」
 4 無教会主義(エクレシア)論
信仰と学問――1930年代を中心に(三浦永光)
 1 学 問
 2 学問と信仰の関係
 3  学問と信仰からの政治批判
  1 国際政治に対する批判
  2 日本の政治に対する批判
 4 矢内原の思想の特色
 5 問題点
 6 あとがき
伝道者・牧会者・聖書研究者(柴田真希都)
 1 矢内原の行った聖書講義
 2 矢内原の聖書講義の特質
 3 土曜学校における真理探究
 4 矢内原共同体の成り立ちと展開
 5 おわりに
矢内原忠雄の言葉 III――戦後・平和と民主主義について
国際平和と日本人
日本に帰る/平和の道/モリヤの山
聖書から見た日本の将来
日本の民主化は可能であるか

Ⅳ 矢内原忠雄と教養学部
教養学部の船出(池田信雄)
 1 船出
   1 新大学の設立準備
   2 発足
 2 教養学科の設立
 3 教養学部と学生運動――一九五〇年九月の試験ボイコット事件
 4 教養学部の福利厚生施設
 5 おわりに
想い出の矢内原忠雄と教養学部(川西 進)
矢内原忠雄の言葉 IV――教育論
宗教の本質と教育の本質
二つのSと二つのJ

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報