TOP > 宇宙観5000年史

宇宙観5000年史

人類は宇宙をどうみてきたか

ISBN978-4-13-063708-4発売日:2011年12月22日判型:A5ページ数:288頁

内容紹介

星座を生み占星術を発達させた古代バビロニア.コペルニクスによる太陽中心説.ガリレオと望遠鏡がもたらした新しい宇宙観.そして正体不明のダークエネルギー…….私たち人類は宇宙をどのように観てきたのか――古代四大文明から現代までの歴史をたどる.

主要目次

I 古代・中世の宇宙観
1 古代天文学と宇宙観――四大文明と新大陸
2 天文学の発祥と地球環境
3 ギリシアの宇宙観――天動説と幾何学的宇宙
4 中世の宇宙観
II 太陽中心説から恒星の世界へ
5 太陽中心説とコペルニクス革命
6 精密観測にもとづく真の惑星運動の発見――ティコとケプラー
7 宇宙像の拡大――望遠鏡の発明と万有引力の法則の発見
8 地動説の検証から恒星天文学の誕生へ
III 天体物理学と銀河宇宙
9 新天文学の台頭と発展
10 太陽・星の物質の解明へ
11 銀河系と銀河の発見
12 宇宙膨張の発見とビックバン宇宙論
IV 宇宙における人間の位置
13 太陽系像の変遷
14 私たちはどこから来たか――地球外生命を求めて
15 万物の尺度の探求――メートル法の制定と測地学の誕生
16 宇宙観の表現法――星表と星図の歴史的変遷
附録
A 新しい宇宙観の幕開け
B ETIは本当にいるのか――第14章への補遺

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報