TOP > グローバル化・社会変動と教育2

グローバル化・社会変動と教育2

文化と不平等の教育社会学

ISBN978-4-13-051318-0発売日:2012年05月16日判型:A5ページ数:384頁

内容紹介

イギリスの教育社会学者たちが編んだ,定評あるリーディングス最新版の訳書第2巻.急激な社会変動は教育の場における文化を変貌させ,さまざまな問題が現出している.本書は各国の興味深い事例を交えつつ,現代の教育社会を描き出す.第2巻の編訳者による論文を巻末に収録.

主要目次

1章 新しい家族とフレキシブルな労働(M.カーノイ/平沢和司訳)
2章 社会的相続と機会均等政策(G.エスピン-アンデルセン/小内透訳)
3章 社会的紐帯から社会関係資本へ――学校と保護者ネットワークの関係における階層差(M.ホーヴァット、E.B.ワイニンガー、A.ラロー/稲垣恭子訳)
4章 バイリンガリズムをめぐる政治的駆け引き――再生産論による中国返還後の香港における母語教育政策の分析(P.S.ライ、M.バイラム/酒井朗訳)
5章 モダニティの歩兵たち――文化消費の弁証法と21世紀の学校(P.ウィリス/山本雄二訳)
6章 民主主義・教育・そして多文化主義――グローバル世界におけるシティズンシップのジレンマ(C.A.トーレス/小玉重夫訳)
7章 「ジュリアには問題がある」――スウェーデンの学校におけるADHDの症状・カテゴリーとその適用のプロセス(E.ヒョルン、R.サーリョ/志水宏吉訳)
8章 教育における市場(H.M.レヴィン、C.R.ベルフィールド/小林雅之訳)
9章 教職の専門性と教員研修の四類型(A.ハーグリーブス/佐久間亜紀訳)
10章 教育の経済における成果主義と偽装――成果主義社会に向けて(S.ボール/油布佐和子訳)
11章 パフォーマンス型ペダゴジーの枠づけ――学校知識とその獲得に関する生徒の視座の分析(M.アーノット、D.レイ/山田哲也訳)
12章 教育的選別とDからCへの成績の転換――「処遇に適している」とは?(D.ギルボーン、D.ユーデル/清水睦美訳)
13章 統治性と教育社会学――メディア,教育政策そしてルサンチマンの政治(C.マッカーシー、G.ディミトリアディス/大田直子訳)
文化・権力・不平等と日本の教育――解説にかえて(苅谷剛彦・志水宏吉・小玉重夫)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報