TOP > ワークショップと学び3 まなびほぐしのデザイン

ワークショップと学び3 まなびほぐしのデザイン

ISBN978-4-13-053083-5発売日:2012年09月26日判型:四六ページ数:272頁

内容紹介

ワークショップで新たな学びを探求するシリーズ第3巻.ワークショップの準備・運営のための具体的なデザイン方法を紹介し,これまで評価が難しかった動的プロセスの検証・分析ツールを提案することで,まなびほぐしの場を立ち上げるためのワークショップ実践へと誘う.

主要目次

イントロダクション――ワークショップのF2LOモデル(高木光太郎)
第I部 ワークショップをたちあげる 
 第1章 ワークショップをつくる(苅宿俊文)
第2章 ワークショップの企画と運営――ワークショップ・コーディネーターの視点から(吉野さつき)
 第3章 ファシリテーションのデザイン(柏木 陽)
 第4章 ワークショップのコンテンツデザイン(中尾根美沙子)
 第5章 知のおもてなし時空間――ワークショップの空間デザイン(内田まほろ)
第II部 ワークショップを分析する
 第6章 ワークショップの観察ツールのデザイン(植村朋弘)
 第7章 分析ツールの技術的展開と可能性(戸田真志)
 第8章 分析ツールが実践を開くとき(刑部育子) 
 第9章 ワークショップの評価(高木光太郎)
シリーズを終えて――まなび学としてのワークショップ(佐伯 胖)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報