TOP > 心と社会を科学する

心と社会を科学する

ISBN978-4-13-013306-7発売日:2012年07月20日判型:A5ページ数:232頁

内容紹介

ニューロンから社会までを扱う心理学って,いったいどんなもの? 集団には心がある? 「科学」であるがゆえに成功をおさめてきた一方,さまざまな方法論的制約に苦しんでもいる〝社会心理学"は,いかに冒険的に「科学」できるのか? 哲学と心理学による挑戦.

主要目次

はじめに――出会いと発端
1 社会心理学と科学哲学者のコラボレーション(唐沢かおり・戸田山和久)
2 「成功」した学問としての社会心理学(唐沢かおり)
3 個人の心を扱う方法論の限界と「集団心」の可能性(唐沢かおり)
4 「集団錯誤」の呪縛からの解放への道標(山口裕幸)
5 社会心理学によそから期待したいのだが……(戸田山和久)
6 集団心に形而上学的問題はない、あるのは方法論的問題だけだ(戸田山和久)
7 科学哲学者が社会心理学に方法論を提案したら:予告編(出口康夫)
8 測定ネットワーキングとしての社会心理学:本編(出口康夫)
終 コラボレーションのゆくえ(座談会)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報