TOP > 記号論理学講義

記号論理学講義

基礎理論 束論と圏論 知識論

ISBN978-4-13-012062-3発売日:2013年03月28日判型:A5ページ数:400頁

内容紹介

記号論理学における中級者を対象にしたテキスト.この領域の代表的理論を学び,数学の抽象化を推し進めた束論および圏論を援用して理解を深める.さらに「論理語がなぜ基本的と見なされるか」などの知識をめぐる根本的な問いを考察.30年間の講義をもとにした集大成.

主要目次

第I部 記号論理の基礎理論
第1章 推理論――述語論理
第2章 計算論――帰納理論
第3章 計算論――λ計算論
第4章 集合論――公理的集合論ZFC
第II部 束論および圏論と記号論理
第1章 束論
第2章 記号論理と束
第3章 圏論
第4章 記号論理と圏
第III部 記号論理への知識論的考察
第1章 論理語の原始性
第2章 計算論における両義的領域
第3章 選択公理ACの正当性
付録 ゲーデル不完全性定理について

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報