TOP > 庭師 小川治兵衛とその時代

庭師 小川治兵衛とその時代

ISBN978-4-13-063811-1発売日:2013年05月30日判型:四六ページ数:292頁

内容紹介

小会PR誌『UP』の好評連載を加筆・再構成し,待望の書籍化! 山県有朋,西園寺公望,近衛文麿……国家の最大限の西欧化を推進しつつ,私的には伝統に縛られない和風の表現を求めた明治から昭和前期の政治家・企業家たち.彼らが愛した植治の庭を通して,日本の近代化のあり方を見つめる.建築に歴史的まなざしを注いできた著者による近代化論. 【2014年日本建築学会著作賞受賞書籍】

主要目次

序 哲学の道
1章 近代化のなかの琵琶湖疏水開発
2章 はじまりとしての山県有朋
3章 庭園におけるブルジョワジーと華冑界
4章 琵琶湖疏水を庭園へ
5章 庭園世界の拡大
6章 数寄者たちの創造のあり方
7章 最後のパトロン

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報