TOP > プロダクト・イノベーションの経済分析

プロダクト・イノベーションの経済分析

ISBN978-4-13-040261-3発売日:2014年02月19日判型:A5ページ数:248頁

内容紹介

画期性のあるプロダクト・イノベーションは,経済・社会の活性化に必要不可欠であるが,その経済効果の定量分析は非常に難しい.本書は,社会にインパクトのあった三つの事例を用いて,イノベーション分析に新たな光を当てる.

主要目次

第1章 わが国におけるイノベーションを取り巻く環境
第I部 イノベーション測定 俯瞰的アプローチと微視的アプローチ
第2章 俯瞰的アプローチ――JNISにみるわが国のイノベーションの現状
第3章 微視的アプローチ――構造系推定
第II部 事例研究 微視的アプローチによる定量分析
第4章 事例I:太陽光発電――公的補助の役割
第5章 事例II:ハイビジョンテレビ――補完財の役割
第6章 事例III:スタチン系製剤――フォローオン・イノベーションの役割
第III部 イノベーション創出に向けて 市場の役割と政策への含意
第7章 政府の役割と限界――「4つの視点」から
第8章 イノベーション政策にむけて
補論A 構造系推定
補論B イノベーション事例の選定方法
補論C ヘドニック法
補論D 技術の取得・提供に関する定量分析

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報