TOP > イギリス福祉国家の歴史的源流

イギリス福祉国家の歴史的源流

近世・近代転換期の中間団体

ISBN978-4-13-026147-0発売日:2014年03月28日判型:A5ページ数:272頁

内容紹介

イギリスの「長い18世紀」の福祉と貧困をめぐって,医療や教育に関する中間団体,救貧法を軸に描きだす.宗教改革期から産業革命期の国家と社会の再編過程を具体的な事例をたどりながら明快な枠組を提示し,現代福祉国家を論じる混沌とした状況を打破するための視座を示す.

主要目次

序 章 福祉国家史研究への視座
第一章 福祉国家の歴史的起点

第一部 中間団体と地域社会
第二章 アソシエーションの社会的起源
第三章 医療と中産階級の形成――バーミンガム総合病院 1765-1800年
第四章 モラル・リフォメーション運動の展開――バーミンガムにおける日曜学校運動 1784-1800年

第二部 統治体制の再編
第五章 救貧法体制の動揺――エセックス州における貧民の手紙の分析から
第六章 ナポレオン戦争期の政治社会の再編――貧民の状態改善協会とイギリス社会改革
終 章 福祉国家への展望

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報