TOP > 生きることとしての学び

生きることとしての学び

2010年代・自生する地域コミュニティと共変化する人々

ISBN978-4-13-051326-5発売日:2014年06月25日判型:A5ページ数:344頁

内容紹介

外界・身体の感覚の喪失,社会・経済・行政の混乱と停滞,そのはざまにあって「生涯学習」が意味ある試みであるとすれば,それはなにか.あるプロジェクトが,高齢化地域に住まい「次の世代」を産むまでの理論と実践の軌跡.

主要目次

序 章 社会と出会うということ

第I部 学びとしての社会
第一章 知の分配システムから生成プラットフォームへ
第二章 動的プロセスとしての〈学び〉へ
第三章 〈学び〉を課題化する社会
第四章 過剰な自分語りの身体性

第II部 生きることとしての学び
第一章 新しい「むら」をつくる
第二章 プロジェクトの苦悩とメンバーの苦闘
第三章 地元に出会い、掘り下げる
第四章 共変化する地元
第五章 赤ちゃんが来た!?
第六章 生きることとしての学びへ
終 章 〈学び〉としての社会へ

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報