TOP > 心の多様性

心の多様性

脳は世界をいかに捉えているか

ISBN978-4-13-003151-6発売日:2014年06月10日判型:A5ページ数:80頁

内容紹介

トリ,ヒト,それぞれが視る世界は同じものではない.赤ちゃんはいつごろから自分を自分と認識するのか.心の働きの多様性を比較認知科学・発達認知科学の視点からわかりやすく解き明かす.大学出版部協会創立50周年記念出版.

主要目次

第一章 トリの「視る」世界―動物の錯視と心(中村哲之)
私が視ている世界が絶対ではない――視ることは主観的体験/錯視研究から「視る」を見る/トリとヒトの錯視を比べる/トリとヒトはどのように世界を視ているか/ハトとニワトリの実験部屋/心の相対性から見えてくるもの

第二章 ヒト型脳とハト型脳(渡辺 茂)
いろいろな動物の脳/ヒトの脳はなぜ大きくなったのか/見る能――ピカソとモネを見分けるハト/ヒトとハトの脳の違い/鏡の中の自分がわかる?/細胞レベルからの脳理解へ――動物の脳研究の可能性

第三章 脳は世界をいかに捉えているか(開 一夫)
意識とはなんだろうか/赤ちゃんの意識/自己映像と脳の活動

第四章 討論――心の多様性と現代(藤田和生×中村哲之・渡辺 茂・開 一夫)
ヒトの視覚システムがもし急にハト型になったら/「自己認知できる」とは/質問①―自然界で錯視は起こる?/質問②―錯視は学習か進化か?/質問③―「使われていない」脳の役割は?/質問④―ヒトの脳は特別?/質問⑤―研究で人間の本質がわかる?/質問⑥―動物の権利とは?/心の多様性を人間社会に活かす―比較認知科学の役割

あとがき(藤田和生)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報