TOP > 台頭する新経済空間

台頭する新経済空間

ISBN978-4-13-034304-6発売日:2015年04月07日判型:A5ページ数:344頁

内容紹介

経済成長を支えている全体的な制度と構造とともに,グローバル市場と密接なつながりをもつ都市の空間再編と社会変動が起きている様相を明らかにする.特に,社会インフラや物的・人的資源の開発および産業集積にともなう「新たな経済空間の台頭」に着目する.

主要目次

序 章 経済発展と新たな経済空間(岡橋秀典) 

第I編 現代インドの空間構造
 第1章 空間構造の形成と変動(岡橋秀典)
 第2章 グローバル化にともなう空間の再編成(澤 宗則)

第II編 開発政策の展開と経済空間の統合
 第3章 包括的成長におけるインフラ整備の役割(小田尚也)
 第4章 労働市場と人材開発(岡田亜弥)
 [補論1]若者の失業問題(佐々木宏)
 第5章 資源開発とエネルギー問題(南埜 猛・石上悦朗)
 第6章 都市化と都市システムの再編(日野正輝・宇根義己)

第III編 新経済空間としての大都市の発展
 第7章 自動車産業の発展と産業集積(友澤和夫)
 [補論2]繊維・アパレル産業(宇根義己)
 第8章 ICTサービス産業の大都市集積と地理的な分散(鍬塚賢太郎)
 第9章 大都市の発展と郊外空間(由井義通)
 [補論3]インドにおけるショッピングモールの発展(土屋 純)
 第10章 変容する都市公共空間と露天商(岩谷彩子)
 [補論4]貧困層教育とNGO(針塚瑞樹)
 第11章 郊外農村の社会経済変動(森日出樹)
 [補論5]大都市への農産物供給(荒木一視)
 第12章 都市環境問題と環境教育(三宅博之) 

巻頭資料 インド社会経済アトラス(GISによる主題図集)

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報