TOP > 黄金郷を彷徨う

黄金郷を彷徨う

アンデス考古学の半世紀

ISBN978-4-13-023068-1発売日:2015年02月09日判型:A4変ページ数:156頁

内容紹介

インターメディアテクで2015年1月24日から6月21日まで開催される同名展覧会の図録.東京大学は半世紀にわたり南米ペルーの各地で学術調査を続けてきた.本展覧会ではアンデス美術の名品や学術標本を一堂に集め,日本人による考古学的貢献,そして今後の展望を紹介する.

主要目次

ごあいさつ

黄金郷を彷徨う
 最果てのミクロコスモス
 天野芳太郎とチャンカイ
 野内与吉とマチュピチュ
 森下成一と日生
 泉靖一とワヌコ
 寺田和夫とカハマルカ
 黄金郷への道

展示品解説
 大規模建築
 金属器
 土器
 織物

参考資料 日本人考古学者の発掘調査

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報