TOP > 外交と国際秩序

外交と国際秩序

ISBN978-4-13-034292-6発売日:2015年04月24日判型:四六ページ数:240頁

内容紹介

経済力や軍事力の飛躍的増大を背景に,大国として世界に積極的に打って出ていこうとする中国.中華人民共和国の建国以来,いかなる外交戦略が展開されてきたのか.中国は国際社会をどのようにイメージし,いかにして国際秩序を構想しているのか.

主要目次

序 章 中国外交へのアプローチ
第1章 中国外交戦略の系譜
 1 冷戦構造形成下の毛沢東の外交戦略  
 2 「中間地帯論」からの毛沢東の外交戦略――「三つの世界論」  
 3 独立自主外交の展開――毛沢東から鄧小平へ  
 4 脱鄧小平と大国外交への回帰  
第2章 グローバル大国に向けての対外戦略
 1 冷戦終結後の国際構造と中国の対外戦略  
 2 グローバル大国に向かう中国の関与政策
 3 グローバル大国か?
第3章 グローバル大国としての外交理念の模索                 
 1 中国のソフトパワー戦略  
 2 多元的な社会,多様な「中国の道」  
 3 揺れ動く外交理念  
第4章 中国の外交行動原理と国際秩序観                   
 1 中国の外交行動の原理――「型」と「利」の関係
 2 中国が目指す21世紀の国際秩序
終 章 中国と国際社会

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報