TOP > 震災と市民1 連帯経済とコミュニティ再生

震災と市民1 連帯経済とコミュニティ再生

ISBN978-4-13-053022-4発売日:2015年08月13日判型:A5ページ数:256頁

内容紹介

巨大災害の発生という緊急時,市民社会には寄付やボランティアなどの「連帯経済」が立ち現われ,人びとは共同性へとつきうごかされる.東日本大震災とその後の経験のなかから,現代日本社会における新たな自立と支援の姿,コミュニティの諸相を考察する.【全2巻】

主要目次

はじめに
I 市民社会と「連帯経済」
 1章 モラル・エコノミーとボランティア経済――〈災害時経済〉のもうひとつの経済秩序(似田貝香門)
 2章 グローバル・リスク社会から連帯社会へ――原発災害と市民社会(斉藤日出治)
 3章 災害の空間・時間構造と市民的公正(八木紀一郎)
 4章 巨大災害と市場・政府・コミュニティ(澤田康幸)
  [コラム1]東北の復興に思う(岸田省吾)

II 災害復興とコミュニティ
 5章 関東大震災の予見と防災対策(鈴木 淳)
  [コラム2]防災と「建築基本法」思想(神田 順)
 6章 減災・復興と都市計画・まちづくり(室﨑益輝)
 7章 大槌から見える“安全の文化”への新たな道(岩崎 敬)
 8章 復興とコミュニティ論再考――連携協働復興のコミュニティ・デザインにむけて(小泉秀樹)
 9章 「仮設市街地」による協働復興――陸前高田市長洞集落の住民組織活動の考察(森反章夫)
  [コラム3]東日本大震災における〈贈与のパラドックス〉の諸相(仁平典宏)
 10章 帰属としてのコミュニティ――原発被災コミュニティのひとつのかたち(吉原直樹)
 11章 コミュニティの問題にとりくみだした建築界(五十嵐太郎)
あとがき

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報