TOP > 原論 VII-X

原論 VII-X

斎藤 憲 訳・解説
ISBN978-4-13-065302-2発売日:2015年08月31日判型:A5ページ数:544頁

内容紹介

『原論』の二冊目にあたる本巻では,整数論(第VII―IX巻)と非共測量(通約不能量)の分類論(第X巻)を扱う.第VII―IX巻ではこれまでの研究になかった斬新な解釈を提示.100を超える命題からなる難解な第X巻は,誰もが理解できるよう丁寧な解説を加える.【シリーズ全5巻/第3回配本】 パンフレットをダウンロードできます(PDF・1MB)

主要目次

『エウクレイデス全集』総序

凡例
『原論』解説(VII-X巻)(斎藤 憲)
第1章 底本・写本・図版について
 1.1 底本について
 1.2 図版について
第2章 数論諸巻解説
 2.1 定義と基本概念
 2.2 第VII巻解説
 2.3 第VIII巻解説
 2.4 第IX巻解説
 2.5 整数論における特徴ある議論
 2.6 整数論諸巻に関する3つの問題
第3章 第X巻解説:概念・術語と「根本的問題」
 3.1 長大だが単純な第X巻
 3.2 根本的問題とは:現代的表現
 3.3 基本的な概念と術語
 3.4 『原論』第X巻の根本的問題
第4章 第X巻の構成
 4.1 定義・命題の数と順序
 4.2 第X巻の区分
 4.3 第X巻第1部(定義および命題X.1-35)
 4.4 第X巻第2,3部の構成
 4.5 第X巻最後の部分
 4.6 補足
第5章 第X巻の成立と伝承
 5.1 第X巻の歴史的位置付け
 5.2 第X巻のテクストの伝承について
 5.3 第X巻の研究,解説

『原論』VII-X巻(斎藤 憲(訳・解説))
第VII巻/第VIII巻/第IX巻/第X巻

参考文献/用語索引/人名索引

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報