TOP > ゴリラ 第2版

ゴリラ 第2版

ISBN978-4-13-063344-4発売日:2015年08月31日判型:四六ページ数:292頁

内容紹介

人類を超えた動物たち――ゴリラの魅力を語り尽くす.初版の刊行から10年,マウンテンゴリラ,ヒガシローランドゴリラ,さらにニシローランドゴリラの生態が明らかになってきた.ゴリラと人間の共存の道を求めておよそ40年にわたり続けられたゴリラ研究の集大成.カラー口絵8頁. ※本書の第1章をこちらのPDFファイル(8.84MB)で読むことができます.ご参考ください.

主要目次

第1章 ゴリラ――フィールドへの旅立ち
 ゴリラの魅力/二つのゴリラ像/社会学と生態学
第2章 マウンテンゴリラ――古典的イメージからの脱却
 葉を食べるゴリラ/食性と社会/系統論からみた社会/集団構造のエイジング/集団のライフ・サイクル
第3章 ローランドゴリラ――新しいゴリラ像をさぐる
 生息密度を推定する/ニシローランドゴリラの暮らす森/果実を食べるゴリラ/食物の選び方/果実を分配するニシゴリラ
第4章 ゴリラを分類する――種内の変異が示唆すること
 分類の系譜/ブウィンディ森林のゴリラ/生態的な変異/遊動域の地域差
第5章 変化する社会――その要因をさぐる
 単雄群と複雄群/メスの移籍様式/子殺しと社会/メスの繁殖パラメータ
第6章 二つの類人猿――ゴリラとチンパンジー
 類人猿の祖先/祖先種の生態と社会/食物の重複/環境変化と採食様式/分化と共存
第7章 共存――野生ゴリラの現状と保護対策
 生存を脅かす要因/ブッシュミート取引/内戦と密猟/NGOの設立/病気の流行/有効な保護対策

あとがき/第2版のあとがき/参考文献

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報