TOP > 日ロ関係史

日ロ関係史

パラレル・ヒストリーの挑戦

ISBN978-4-13-026265-1発売日:2015年10月13日判型:A5ページ数:736頁

内容紹介

日米関係より長い歴史をもつ日ロ関係.日露戦争から,日ソ戦争,シベリア抑留問題,北方領土問題まで,双方の見解の違いを含め,紛争・不信・敵対と和解・信頼・友好の250年を両国の歴史家が描き出す.日ロ同時出版.

主要目次

読者の皆様へ1(五百旗頭眞)
読者の皆様へ2(A・V・トルクノフ)

I 一九世紀末までの両国関係
 第1章 一八-一九世紀の遺産――日本型華夷秩序から西洋型国際秩序へ(生田美智子)
  一 西洋型国際秩序との遭遇と葛藤
  二 西洋型国際秩序との激突とその解消
  三 西洋型国際秩序との併存からそれへの移行へ
  四 西洋型国際秩序への加入をめざして
 第2章 一八-一九世紀の露日関係(グリシャチョフ)
  一 日本の鎖国とロシアの南下
  二 ラクスマンとレザノフの使節
  三 プチャーチン使節と下田条約
  四 幕末・明治初期の国境諸条約

II 世紀転換期の相互イメージ
 第3章 日ロにおけるナショナリズムと初期相互イメージの共起的生成――同時代人二葉亭四迷とチェーホフの言説をてがかりに(木村 崇)
  一 日ロ関係転換点としての千島・樺太交換条約(一八七五年)
  二 二葉亭四迷とチェーホフにとってのサハリン
  三 日ロ関係悪化スパイラルがもたらした日清戦争
 第4章 世紀転換期ロシアにおける日本のイメージ(ミハイロバ)
  一 日本イメージと外交政策
  二 芸術運動のヤポニズム
  三 黄禍論と聖なる戦争

III 日露戦争
 第5章 日露戦争の時代――衝突から講和まで(蓑原俊洋)
  一 日露衝突への道程――交渉による懸案妥結の模索と挫折
  二 戦争終結への道筋――講和会議をめぐる日露の攻防
  三 ポーツマス講和会議とその成果
 第6章 世紀転換期のロシアと日本――戦争と講和への道(ルコヤノフ)
  一 中国・朝鮮をめぐる対立の亢進
  二 対日外交政策の分散
  三 ポーツマス講和条約

IV 日露協商期
 第7章 ポーツマス講和条約後の日露関係――友好と猜疑のあいだで(黒沢文貴)
  一 帝国主義下の日露関係
  二 日露協調の深まり
 第8章 「例外的に友好な」露日関係(一九〇五-一六年)(ペストゥシコ&シュラートフ)
  一 露日戦争後の国際関係
  二 露日協商と勢力圏合意
  三 対米関係と協商悪化
  四 大戦開始で露日同盟へ

V 革命と干渉
 第9章 大戦と革命と干渉――在ロシア日本人ディアスポラの視点から(原 暉之)
  一 在ロシア日本人ディアスポラの興亡
  二 ロシア革命批判の急先鋒だった島田元太郎
  三 中堅企業家層の形成と日本人居留民会
  四 貿易と製造業から軍事用達に活動を広げた堀江直造
 第10章 ロシア東部における干渉への日本の参加(一九一七-二二年)(ダツィシェン&グリシャチョフ)
  一 米欧日の軍事干渉の開始
  二 日本の白衛派支援とコルチャーク政府
  三 コルチャーク政府の瓦解と極東共和国の成立
  四 尼港事件とその反響
  五 撤兵交渉の進展
  六 沿海州での白系政府の消滅と撤兵の完了

VI 1920年代
 第11章 政財界の反ソ・親ソ勢力(富田 武)
  一 シベリア出兵から日ソ国交へ
  二 漁業をめぐる日ソの対立と協調
  三 北樺太における日本利権企業
  四 満洲における日ソの対立
  五 日露協会の活動
  六 日本共産党の活動
 第12章 ソ連外交と対中・日関係(グリニューク&シュラートフ&ローシキナ)
  一 ソ日国交樹立への道程
  二 満洲権益と張作霖政権
  三 文化交流と後藤訪ソ

VII 1930年代
 第13章 日本の対ソ政策――日ソ不侵略条約問題を中心として(戸部良一)
  一 満州事変期の不侵略条約案
  二 不侵略条約案から防共へ
  三 日ソ中立条約
 第14章 スターリンの日本像と対日政策(ローシキナ&チェレフコ&シュラートフ)
  一 満州事変直後のソ日関係
  二 スターリンの日本観
  三 学術交流と中東鉄道交渉
  四 国境紛争――張鼓峰とノモンハン

VIII 第二次世界大戦
 第15章A 日ソ関係の展開――対米開戦から日ソ戦争まで(波多野澄雄)
  一 日米開戦と日ソ関係
  二 揺らぐ日ソ関係
  三 最後の日ソ交渉と参戦
  四 日ソ戦争
 第15章B ソ連の満洲進攻と日本人引揚(加藤聖文)
  一 満洲における日ソ戦と関東軍
  二 ソ連軍の満州占領と日本人管理問題
  三 米国の対中国政策と日本人引揚の開始
  四 南樺太・北朝鮮からの日本人送還
 第16章 ヤルタ会談前後のソ米関係と日本(クラフツェヴィチ)
  一 ソ日中立条約と廃棄通告
  二 米のソ連対日参戦工作とヤルタ協定
  三 ローズヴェルトの対ソ譲歩
  四 トルーマンの協定義務違反

IX 終戦と抑留
 第17章 シベリア抑留の実態と帰国後の運動(富田 武)
  一 抑留の重要論点
  二 帰還後の抑留者たち
 第18章 1945年の満洲電撃戦と日本人捕虜(キリチェンコ)
  一 中立条約下の参戦準備
  二 ソ連の満洲電撃戦
  三 日本軍捕虜の生活と労働
  四 戦犯裁判と政治教育

X 講和から国交回復へ
 第19章 領土をめぐる日米ソ関係(一九五一-七〇年)(河野康子・下斗米伸夫)
  一 五五年体制と日ソ国交回復(一九五三-五六年)
  二 米ソ冷戦・高度成長・日ソ関係(一九五七-七〇年)
 第20章 講和からソ日国交回復へ(チュグロフ)
  一 サンフランシスコ平和会議とソ連の立場
  二 ソ日国交回復
  三 日本の国連加盟とロシア外交

XI 冷戦とデタント
 第21章 日ソ関係と「政経不可分」原則(一九六〇-八五年)(小澤治子)
  一 一九六〇年代の日ソ関係
  二 グロムイコ外相の訪日(一九七二年一月)
  三 日中国交回復とソ連
  四 田中首相訪ソと日ソ経済関係
  五 日中平和友好条約締結とソ連
  六 ソ連のアフガニスタン軍事介入と対ソ経済制裁
 第22章 冷戦下ソ日関係のジグザグ(一九六〇-八五年)(クジミンコフ&パヴリャテンコ)
  一 一九六〇年のソ日関係
  二 友好関係確立の道を求めて(一九六〇年代)
  三 一九七〇年から八五年のソ日政治関係
  四 一九七〇年代の経済協力
  五 一九七〇年代の漁業をめぐるソ日関係
  六 一九七〇年代のソ日関係の発展

XII ペレストロイカ
 第23章 ゴルバチョフ登場と「拡大均衡」論(一九八五-九一年)(下斗米伸夫)
  一 ペレストロイカの開始と対日関係の停滞
  二 ゴルバチョフ訪日とソ連崩壊
 第24章 「新思考」路線とソ日関係(一九八五-九一年)(サルキソフ)
  一 ゴルバチョフ登場と訪日要請
  二 拡大均衡論と安倍提案
  三 ソ連外交当局のゴルバチョフ訪日準備
  四 領土問題と経済外交

XIII エリツィン時代
 第25章 東京宣言からイルクーツク声明へ(東郷和彦)
  一 ロシア連邦との最初の交渉(一九九一年一二月-九三年)
  二 交渉のしばしの停滞期(一九九四-九六年)
  三 橋本・エリツィンの時代(一九九七-九九年)
  四 森・プーチンの時代(二〇〇〇年-二〇〇一年四月)
 第26章 ロシア政府の対日外交政策(パノフ)
  一 ロシア連邦の誕生
  二 最初のロ日関係
  三 東京宣言の発出とその役割
  四 領土交渉を中心とするロ日関係の活性化
  五 幅広い分野の活性化

XIV 21世紀
 第27章 日ロ関係の過去十余年(河原地英武)
  一 再出発と迷走(二〇〇一年-〇八年)
  二 関係悪化と一方的行動の応酬(二〇〇九-一一年)
  三 歴史認識の争点化
  四 創造的かつ建設的アプローチの模索
 第28章 ロ日関係発展の可能性(カザコフ&キスタノフ&ストレリツォフ)
  一 政治関係
  二 国際情勢や安全保障面での協力
  三 科学・文化・教育面での協力
  四 貿易経済関係

XV 領土問題
 第29章 北方領土問題とサンフランシスコ体制(原 貴美恵)
  一 ソ連の対日参戦――ヤルタ構想と千島
  二 「未解決問題」へ――サンフランシスコ体制の中の「千島」
  三 日ソ交渉(一九五五-五六年)と日ソ共同宣言以後
 第30章 ロ日間の領土問題――下田条約から今日まで(ストレリツォフ)
  一 領土紛争の史的側面――一七世紀から一九世紀半ばまで
  二 一九世紀半ばから第二次世界大戦開始までの領土画定問題
  三 国際関係でのヤルタ・ポツダム体制に照らした領土画定問題
  四 一九五六年のソ日共同宣言における国境問題
  五 一九六〇-九〇年の二国間関係における領土問題
  六 一九九〇年代の領土問題
  七 二〇〇〇年以降の二国間関係における領土確定問題
  八 現在のロ日関係における領土問題

XVI 相互表象
 第31章 日ロ関係史におけるイメージと表象(小菅信子)
  一 日露戦争に至る日本のロシア観
  二 「日露戦争一〇〇年」のイメージと表象
  三 〈日露戦争=人種戦争〉への懐疑
  四 日露戦争をめぐるさまざまな表象
 第32章 現代ロ日関係史における相互イメージの進化――二国間関係の独立要因として(チュグロフ&ストレリツォフ)
  一 ロシアにおける日本のイメージ
  二 日本におけるロシアのイメージ
  三 歴史記憶の要因
  四 指導者の要因等

あとがき(ストレリツォフ,下斗米伸夫)
跋 『日ロ関係史』刊行によせて(鳩山邦夫)
跋 『ロ日関係史』刊行によせて(ナルイシキン)

日ロ関係史年表(戸部良一)
編者・執筆者一覧

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座