TOP > 古語大鑑 第2巻 か~さ

古語大鑑 第2巻 か~さ

築島 裕 編集委員会代表
ISBN978-4-13-080006-8発売日:2016年02月29日判型:B5ページ数:728頁

内容紹介

上代から鎌倉時代の終わり(1333年頃)までの語に重点を置き,その期間に成立した文献に現れる語彙約4万語を収録.見出しを現代仮名遣いで示し,語釈,語源などを解説し,文献の用例(最古の用例)を探索している.万巻の書を開かなくても,この辞典だけで古い言葉の世界を見通すことができる.【全4巻/第2回配本】

【本巻の特長】
①「か」~「さ」の8600項目を収録
②項目の厳選  語彙の使用頻度,重要度等を勘案し,基本古代語彙約39000を収録
③用例の重視  主要な古典,古代語文献の原文から直接に約8万のオリジナル用例を収集
④出典の重視  確認しうる最良の古写本を底本とし,原文の表記に忠実に引用し,さらに文典の名称,巻数,頁数,行数まで示す
⑤語義・語源の重視――適切な語義の解釈と語源の解説に新生面を拓く
⑥訓点資料の活用
⑦漢語の重視
⑧未紹介文献――未収録語彙の重視
⑨日本語音韻の最新の研究成果を反映する表記の採用
⑩附録の充実――時代別国語状況の解説や出典文献の詳細な説明など
⑪専門研究者向けの高度な古代語辞典だが,辞典の中の辞典という位置付けがされる
⑫用例・語釈・語源などの点から,本辞典以後に編纂される辞典の「親辞典」的位置づけとなる

主要目次

序言
第二巻の刊行にあたって
用例出典一覧
用例出典一覧追補
本文(か~さ)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報