TOP > チャイナ・リスクといかに向きあうか

チャイナ・リスクといかに向きあうか

日韓台の企業の挑戦

ISBN978-4-13-040275-0発売日:2016年03月14日判型:四六ページ数:288頁

内容紹介

大国化した中国は,世界経済を左右する存在となり,世界にとって重要な市場となった.しかしながら,その市場は,中国特有の「チャイナ・リスク」が潜んでいる.日本・韓国・台湾の企業は,このリスクをいかに捉え,どのようなビジネス展開をしているのか,政治リスクとの比較を通して明らかにする.

主要目次

はじめに 中国の台頭をめぐる挑戦と応戦――企業のチャイナ・リスク認識という課題設定(園田茂人・蕭新煌)
第一部 台湾
第1章 中国における「台商」――その政治リスク下の生存戦略(陳志柔)
 1 はじめに
 2 台湾の台中直接投資の概略
 3 台商にとっての中国の政治的リスク
 4 不確実性への対応方法としての「関係」構築
 5 労務環境の悪化にどう対応するか
 6 おわりに
第2章 政治ゲームとしてのビジネス――台湾企業の政治的役割をめぐって(呉介民)
 1 問題意識
 2 対中経済依存の構造
 3 代理人モデル――中国による政治的インパクト行使のメカニズム
 4 台商の政治的役割――その事例分析
 5 結論

第二部 韓国
第3章 韓国の大企業はなぜ中国投資に積極的なのか――政治リスクと経済機会の狭間で(朴濬植・李賢鮮)
 1 はじめに
 2 調査の設計
 3 台頭中国の魅力
 4 韓国財閥ビジネスグループの中国における成功
 5 チャイナ・リスクを評価する
 6 おわりに
第4章 韓国中小企業の中国適応戦略(金潤泰・李承恩)
 1 はじめに
 2 中国の政治経済的リスク――外資系企業に対する政策基調と経営環境の悪化
 3 撤退企業の増加と韓国政府の対策
 4 中国に投資する中小企業の適応戦略
 5 おわりに

第三部 日本
第5章 日本企業のチャイナ・リスク認識にみる歴史的変化(園田茂人)
 1 はじめに
 2 日本の対中投資に見る歴史的変化
 3 第一期(―1991年)――分離・対立する二つのシステム
 4 第二期(1992―2001年)――融合・交渉する二つのシステム
 5 おわりに
第6章 反日デモはチャイナ・リスク認識に影響を与えたか――ビジネスリスクと駐在員の役割変化(園田茂人・岸 保行・内村幸司)
 1 はじめに
 2 第三期(2002―2011年)――「政冷経熱」という新たな時代
 3 第四期(2012年―)――「チャイナ・プラスワン」戦略の台頭?
 4 おわりに
第7章 「関係」のポリティクスとリスク管理――中国における日韓台企業の比較(園田茂人)
 1 はじめに
 2 中国における個別主義の復活
 3 調査のデザインとデータの形状
 4 仮説と分析結果
 5 結果の解釈
 6 おわりに
おわりに 日韓台企業にとってのチャイナ・リスク――その比較から得られる知見(蕭新煌・園田茂人)

参考文献

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報