TOP > 饗宴

饗宴

訳と詳解

プラトン山本 巍 訳・解説
ISBN978-4-13-010129-5発売日:2016年06月24日判型:A5ページ数:448頁

内容紹介

ソクラテスを中心に七人がエロスへの賛美を競った物語――この作品だけが,特定個人との対話でないのはなぜか.過去の語りが二重化されているのはどうしてか.そこに書かれなかった未知を読み解く.ギリシア語のテクストに徹底的に分け入り,正確な訳と詳細な註で,古典の新たな魅力を甦らせる一冊.

主要目次

まえがき
凡例
登場人物

I 『饗宴』訳
1 昔の宴会の噂
2 「美しくなったソクラテス」の誘い
3 宴会の始まり――恋の神エロスを賛美して
4 パイドロスの話――恋の神エロスは偉大なり
5 パウサニアスの長い話――二つのエロス神と法律
6 アリストパネスのしゃっくり――芸術家の野心
7 エリュクシマコスの話――エロスの統一科学
8 アリストパネスの話――人間本性の切断事件と性愛の秘密
9 封じられたソクラテスの問答
10 アガトンの話――恋は人を詩人にする
11 ソクラテスとアガトンの対話――賛美の言葉の虚実
12 ディオティマとソクラテス1――エロスは神と人間の中間者
13 ディオティマとソクラテス2――人間は身心ともに妊娠中
14 ディオティマとソクラテス3――永遠不死を求めて(小秘儀)
15 ディオティマとソクラテス4――〈美しい〉それ自体への登高(大秘儀)
16 酔ったアルキビアデスの登場――ソクラテス賛美へ
17 アルキビアデスの話1――ソクラテス「体験」と葛藤
18 アルキビアデスの話2――誘惑物語とソクラテスの真実
19 宴が終わって
訳注

II 『饗宴』詳解
1 『饗宴』をめぐる背景とその位置
2 『饗宴』の構成――昔の宴会を語り直す秘密
3 『饗宴』の舞台設定
4 『饗宴』の展開
5 いま再び,美しくなったソクラテス
詳解註
あとがき
『饗宴』に関連する歴史
主な文献
索引

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報