TOP > 社会を変える健康のサイエンス

社会を変える健康のサイエンス

健康総合科学への21の扉

ISBN978-4-13-063406-9発売日:2016年07月27日判型:B5ページ数:148頁

内容紹介

人間・環境・社会は相互につながり,影響しあう存在である.そのつながりを「健康」を通して科学するために,文系・理系の壁を越えた新しい学問が健康総合科学である.東大医学部健康総合科学科のスタッフが結集して,健康を支えるための実践知の意義と面白さを紹介する,待望のテキスト.

主要目次

まえがき 健康総合科学へのお誘い

第I部 ヒトと環境の科学
1章 地球にやさしいと健康にやさしいのか?――気候変動と健康
 0 この章の概要
 1 気候変動は身近な問題?
 2 気候変動の健康影響についてどんなことがわかっているか
 3 健康影響に関する研究と気候変動への取り組み
 4 気候変動について健康科学は何ができるのだろう

2章 遺伝子研究でヒトの健康は変えられるか?――ゲノム解析と医療
 0 この章の概要
 1 病気とゲノム・遺伝子の関係
 2 薬の効き目は遺伝子で変わる? 肝炎治療薬の事例
 3 病気のかかりやすさに関わる遺伝子:過眠症(ナルコレプシー)とは?
 4 遺伝的リスクを知ることが病気の予防につながる

3章 新型インフルエンザが近未来に出現したら?――危機管理と健康
 0 この章の概要
 1 新型インフルエンザが大流行したら!?
 2 鳥インフルエンザから新型インフルエンザへ
 3 2009年の日本における新型インフルエンザへの対応
 4 近未来の新型インフルエンザに備えるには?

4章 感染症の脅威とどう闘うか?――くすりの開発とグローバルヘルス
 0 この章の概要
 1 感染症の脅威が世界中に広がっている
 2 数十億の人々が感染症で苦しんでいる
 3 感染症のくすりと大村博士のノーベル賞
 4 熱帯医学からグローバルヘルスへ
 
5章 あふれかえる化学物質の安全性を明らかにするには?――環境汚染化学物質とヒトの健康
 0 この章の概要
 1 化学物質による環境汚染問題の歴史に学ぶ
 2 今後懸念される化学物質問題
 3 因果関係を証明することの重要性

6章 放射線による影響には個人差があるのか?――放射線感受性と生体適応のしくみ
 0 この章の概要
 1 紫外線が怖い:色素性乾皮症の患者さん
 2 紫外線や放射線とがん:希少疾患の遺伝子情報からわかったこと
 3 放射線の健康影響になぜ個人差が生まれるのか
 4 環境刺激に応答する生体:健康維持のメカニズム

第II部 ひとが生きることを支える科学
7章 医療で女性は幸せになったか?――母となることを支える助産学
 0 この章の概要
 1 安全な出産と1人1人が望む出産のかたち
 2 出産と医療の関係
 3 安全と安心の両立を目指す実際の取り組み
 4 統計情報と研究成果に基づく妊産婦ケアの改善に向けて
 コラム1 「こころの健康」を自分で保つ

8章 児童虐待を予防するには?――医療と行政の連携
 0 この章の概要
 1 繰り返される児童虐待のニュース
 2 児童虐待を予防するために着目するもの:産後うつ病
 3 児童虐待予防に向けた実際の取り組み
 4 産後うつ病に対して看護学ができること・できないこと

9章 人生の最期を自分らしく過ごしてもらうには?――逝き方を支える終末期の看護
 0 この章の概要
 1 最期を迎えようとするBさん
 2 自宅で最期を過ごしたい日本人
 3 自分らしい逝き方に向けた訪問看護の実際の取り組み
 4 最期まで「その人らしさ」を尊重するために

10章 ケアを支えるモノづくりとは?――看護学と工学の融合
 0 この章の概要
 1 車いすに座っていても床ずれになる?
 2 褥瘡が人々の健康に与える影響
 3 日本人高齢者に特化した車いすクッションの開発
 4 モノづくりを通してケアを支える「看護理工学」
 コラム2 テクノロジーで「みまもり」を変える

11章 被災者を支えるまちづくりとは?――地域診断に基づくコミュニティ・ディヴェロップメント
 0 この章の概要
 1 災害後の地域住民の健康を守る保健師
 2 東日本大震災後の仮設住宅
 3 地域の健康調査・改善プログラム開発に向けた保健師の実際の取り組み
 4 地域診断に基づくコミュニティ・ディヴェロップメントが健康なまちをつくる

12章 看護職を惹き付ける職場とは?――患者のために力を発揮できる職場づくり
 0 この章の概要
 1 看護職は足りないのか?
 2 増えているのに足りない看護職
 3 マグネットホスピタル研究と魅力的な職場づくり
 4 患者と看護職双方の幸せのために看護管理学が担うこと
 コラム3 「我慢させない技術」を創りだす

第III部 人と社会の健康をつなぐ科学
13章 くすりの効果をどのように評価するのか?――生物統計学による科学的品質管理
 0 この章の概要
 1 頭痛薬は本当に効いたのか?
 2 くすりの効果を科学的に証明するにはどうすればよいか?
 3 科学的根拠に基づいた医療を支える科学とは?
 4 真実を明らかにするために生物統計学・疫学を勉強しよう!

14章 メタボはなぜ悪いのか? 解消できるか?――肥満の健康科学
 0 この章の概要
 1 お父さんはメタボ?
 2 なぜメタボはこわいのか?
 3 メタボの診断基準はどう決めた?
 4 内臓脂肪病としての生活習慣病に取り組む

15章 健康のために自由を制限できるのか?――ウェルビーイングを考える倫理学
 0 この章の概要
 1 ニューヨーク市で甘いソーダが禁止になった!
 2 肥満は個人の問題か? 社会の問題か?
 3 健康をめぐる「事実」と「価値」:社会的合意を築くには?
 4 健康政策と人々の価値観をつなぐ倫理学の役割

16章 ストレスとどうつきあうか?――メンタルヘルスの科学と実践
 0 この章の概要
 1 ストレスで会社をやめてしまう人
 2 職場や地域でストレスはどれくらい問題か?
 3 職場のうつ病を減らすための取り組みとは?
 4 メンタルヘルスとストレスについてもっと学びたい人へ

17章 人のつながりは健康に影響するか?――社会と健康の関係を科学する社会疫学
 0 この章の概要
 1 高齢者を孤立死が襲う!
 2 人と人のつながりは健康によい?
 3 孤立死を防ぐために地域で取り組めることは?
 4 健康なコミュニティを目指して

18章 長寿日本はこれからも続くのか?――健康の社会経済学
 0 この章の概要
 1 高齢社会日本の未来はどうなる?
 2 長寿日本の光と影
 3 長寿日本の未来を拓くにはなにが必要か?
 4 社会システムの見直しで健康長寿日本を!

19章 イノベーションが健康をどのように変えるのか?――バイオデザインによる技術開発
 0 この章の概要
 1 情報デバイスで世界を変えたい!
 2 モバイルヘルスはこうして生まれる
 3 チームがイノベーションを加速させる
 4 未来を拓くバイオデザイン

20章 人類は塩とどうつきあってきたのか?――食を科学する栄養疫学
 0 この章の概要
 1 お父さん,しょうゆは控えめに!?
 2 塩と人類の長い歴史
 3 塩を賢く食べるための科学
 4 毎日食べる食べ物と健康を科学する!

終章 健康総合科学とヒト・ひと・人

参考文献/索引/執筆者一覧

Science and Health for Social Change : 21 paths toward Integrated Health Science

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報