TOP > 精神医学の科学と哲学

精神医学の科学と哲学

ISBN978-4-13-014181-9発売日:2016年08月29日判型:A5ページ数:240頁

内容紹介

精神障害の分類と診断が難しいなか,哲学や精神医学は精神障害とどのように向き合うのか.思考吹入や妄想についての哲学的考察に加え,現象学的精神病理学や精神分析の現状,そして現代の精神医学のさまざまなアプローチの到達点を総観する.【シリーズ全3巻/第1回配本】

主要目次

第1章 総論――精神医学の科学と哲学(石原孝二)

第1部 精神医学と哲学
第2章 思考吹入と所有者性(信原幸弘)
第3章 妄想の形成と維持――二要因理論と予測エラー理論(宮園健吾)
第4章 現象学と精神病理学(トーマス・フックス/田中彰吾訳)
第5章 精神分析の実践と思想(立木康介)

第2部 精神医学の科学論
第6章 症候群としての統合失調症――生物学的研究からの再検討(糸川昌成)
第7章 ポストモノアミン時代の精神薬理学――シニシズムを超えて(黒木俊秀)
第8章 認知行動療法の基礎と展開(石垣琢麿)
第9章 生物・心理・社会モデルの折衷主義を超えて――ガミーの多元主義とヤスパースの方法論的自覚(村井俊哉)

【English title】
Philosophy of Psychiatry 1 : Science and Philosophy of Psychiatry

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報