TOP > 〈救済〉のメーディウム

〈救済〉のメーディウム

ベンヤミン、アドルノ、クルーゲ

ISBN978-4-13-010130-1発売日:2016年09月26日判型:四六ページ数:472頁

内容紹介

ベンヤミン,アドルノ,クルーゲが対峙した映画や音楽,テレビといったメーディウム.それらはありえたはずの過去と来るべき未来が交錯し,〈救済〉の瞬間が顕現する媒体でもあった.彼らのテクストを内在的に精読することで,そこに孕まれるアクチュアリティを再起動し,〈救済〉の音楽を鳴り響かせる.

主要目次

序 論 フランクフルト学派のアクチュアリティ

第I部 救済の美学
第1章 「無声映画の革命的優位性」――初期ベンヤミンにおける〈沈黙〉と〈音楽〉
第2章 解体と再生の遊戯――ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」について
第3章 補論1 外来語の救済――初期アドルノにおけるクラウス的な主題をめぐって

第II部 メーディウムとしての芸術作品
第4章 芸術の認識機能――アドルノのシェーンベルク論をめぐって 
第5章 破壊と救済のはざまで――アドルノ美学におけるキッチュの位置
第6章 補論2 挑発としての擬態――アドルノ文化産業論再考

第III部 変容する投壜通信
第7章 投壜通信からメディア公共圏へ――アドルノとクルーゲ
第8章 労働のメタモルフォーゼ――ネークト/クルーゲ『歴史と我意』(1981)をめぐって
第9章 マルクス主義の死後の生――クルーゲ『イデオロギー的な古典古代からのニュース』

あとがき
索引

The Medium of Redemption : Benjamin-Adorno-Kluge
Yoshikazu TAKEMINE

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報