TOP > 脳波解析入門

脳波解析入門 (単行本)

EEGLABとSPMを使いこなす

ISBN978-4-13-012111-8発売日:2016年09月28日判型:A5ページ数:240頁

内容紹介

適切な脳波の計測と解析が,この一冊でできるようになる! 脳波研究の魅力とその測定方法の基礎を押さえた上で,最新の脳波解析技術ではどんなことがわかるのか,フリーのソフトウェアであるEEGLAB,SPMのチュートリアルを含む,具体的な解析方法と合わせて解説する.
【本書に関する情報ウェブサイト】
チュートリアル用データが上記のサイトからダウンロードできます.

主要目次

はじめに
刊行によせて

I 脳波研究へようこそ
第1章 脳波研究と認知科学の未来(開 一夫)
1 今なぜ脳波なのか/2 認知科学と脳波研究――社会的認知の事例/3 本書の構成
第2章 脳波の測定・収録(金山範明)
1 脳波の測定に必要なもの/2 脳波を測定するための注意点/3 なぜその脳波実験は失敗したのか

II 脳波解析の実際
チュートリアル遂行の際の注意事項
第3章 収録データから脳波を抽出する(宮腰 誠・金山)
1 脳波データのプリプロセスのパイプライン/2 STUDYファイルを用いた集団レベル解析/3 技術的内容についての補足と説明
第4章 認知活動との関連を探る1:事象関連電位(松本敦)
1 事象関連電位(ERP)とは何か/2 新しいERP研究/3 EEGLABによるERP解析
第5章 認知活動との関連を探る2:時間周波数解析(金山)
1 脳波を検討する上での周波数という概念の考え方/2 時間周波数解析を行う意義/3 EEGLABによる時間周波数解析
第6章 認知活動との関連を探る3:独立成分分析クラスタリング(宮腰・金山)
1 独立成分分析(ICA)クラスタリングとは何か/2 ICAクラスタリングの有効性/3 EEGLABにおけるICAクラスタリング
第7章 認知活動との関連を探る4:SPMを用いた脳波解析(河内山隆紀)
1 SPMとは/2 SPMにおける脳波解析法の概要/3 SPMにおける脳波データ解析法の原理と実際
終章 新しい解析をどう使うか(松本・宮腰・金山・河内山)

あとがき
索引

An Introduction to EEG Analysis : Complete Guide to EEGLAB and SPM for Beginners
Kazuo HIRAKI and Noriaki KANAYAMA, Editors

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報