TOP > 精霊の箱 上

精霊の箱 上

チューリングマシンをめぐる冒険

ISBN978-4-13-063363-5発売日:2016年10月27日判型:A5ページ数:312頁

内容紹介

新米魔術師になって数か月.ガレットの前にはさらなる波乱万丈の運命が待ち受けていた――『白と黒のとびら』第2弾は,チューリングマシンがテーマ.主人公をはじめとする様々な登場人物とともに,「計算」の本当の姿、またそれにまつわる数々の話題に親しもう.【上下巻】 ※著者による正誤表がこちらで公開されています.ご参照ください.
【『精霊の箱』上巻第1章の試し読みはこちらから(PDF・4MB)】

主要目次

★浅井健一氏(お茶の水女子大学准教授)推薦
「人は土壇場のぎりぎりのところで何を選択するのか.『白と黒のとびら』待望の続編.言語理論に基づく壮大な世界観を見事に描ききった傑作.」

【本書巻頭より】
今作のテーマは「チューリングマシン」です.物語は,前作『白と黒のとびら――オートマトンと形式言語をめぐる冒険』最終章の数ヶ月後から始まります.前作と同様,作中の人物,団体,場所,物理・化学法則はすべて架空のものですが,物語の根底を流れる数学的原理は現実のものです.ガレットを始めとする登場人物たちと一緒に,「計算」という概念の本当の姿,またそれにまつわる数々の話題に親しんでいただけましたら幸いです.

【本書で扱っているトピック】
●チューリングマシンの表現
●文字列のマッチング
●二進法による表現
●情報の符号化
●数の計算
●さまざまなチューリングマシン
●二進法による文字の表現
●機械の自己複製
●万能チューリングマシンの概要
●記憶装置
●停止性問題
●電気回路によるチューリングマシンの表現
●暗号

[上巻]
プロローグ
第1章 祭壇
第2章 酒宴
第3章 泉の試練
第4章 変成
第5章 子馬の像
第6章 疑惑
第7章 夢幻
第8章 人形
第9章 混戦
第10章 偽呪文
第11章 記憶術

Archimage Garret’s Apperenticeship II: Adventures in Turing Machines, Vol.1
Ai KAWAZOE

[下巻]
第12章 禁書
第13章 選定式
第14章 破壊と創造
第15章 再会
第16章 潜入
第17章 織機
第18章 貴人たち
第19章 秘匿
第20章 全能
第21章 破滅
第22章 再生
エピローグ
解説
あとがき
参考文献

Archimage Garret’s Apperenticeship II: Adventures in Turing Machines, Vol.2
Ai KAWAZOE

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座