TOP > 新版 動物進化形態学

新版 動物進化形態学

ISBN978-4-13-060198-6発売日:2017年01月13日判型:A5ページ数:768頁

内容紹介

現代によみがえる博物学――ゲーテの形態学から最先端の進化発生学まで,脊椎動物の形態をテーマに時空を超えて壮大なスケールで展開される進化論.旧版の出版から12年を経て,進化発生学,古生物学,ゲノム科学などの最新の知見を取り込んで大幅に改訂.

主要目次

はじめに
第1章 脊椎動物の基本形態――バウプランと形態発生的拘束
第2章 原型と相同性
第3章 グッドリッチの遺産――分節的ボディプランの起源
第4章 解剖学的形態学――胚に由来する形態
第5章 形態パターン生成の発生学的基盤――骨格形態の進化
第6章 骨格系の分類と進化的新規性
第7章 発生生物学と頭部進化――頭部分節性の再登場
第8章 発生拘束とその解除――相同性と進化的新規形態
第9章 脊椎動物の進化――形態的変容のパターンとプロセス
第10章 円口類の進化形態学
第11章 発生拘束と相同性――概念
第12章 発生拘束――統合
おわりに

Evolutionary Morphology: Bauplan and Embryonic Development of Vertebrates(New Edition)
Shigeru KURATANI

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報