TOP > 現代日印関係入門

現代日印関係入門

ISBN978-4-13-033081-7発売日:2017年02月28日判型:A5ページ数:354頁

内容紹介

強いパートナーシップの構築への動きをみせる日本とインドはこれまでいかなる関係性を築いてきたのか.戦後から,インドの経済自由化を経て,冷戦終結後の世界が大きく動いているなかで,両国が模索してきた道程をわかりやすく論じる.今後の世界の趨勢を把握するために必要な日印関係の入門書.

主要目次

序 論 現代アジアにおける日印関係(堀本武功)

第I部 日印関係の70年
1 1990年代を転換期とする政治関係(堀本武功)
2 日印経済関係の軌跡(石上悦朗)

第II部 模索の1990年代
3 インド経済のダイナミズムと日印関係(マドゥチャンダ・ゴーシュ,訳/笠井亮平)
4 インド外交における日本の周縁化(伊藤 融)

第III部 転換の2000年代
5 日印と同盟・提携関係を結ぶアメリカ(サトゥ・リマイエ,訳/溜和敏)
6 台頭する中国と日印関係(三船恵美)
7 戦略的パートナーシップの形成と拡大(伊豆山真理)
8 インド進出日系企業からみた日印経済関係(佐藤隆広)

第IV部 飛躍の2010年代
9 インド経済の台頭と日印関係の新局面(小島 眞)
10 核問題をめぐる対立から協力への転回(溜 和敏)
11 インド太平洋時代における日印関係(プルネンドラ・ジェイン,訳/笠井亮平)

第V部 今後の展望
12 日印関係の展望とアジアにおける役割(ラジェスワリ・ピライ・ラジャゴパラン,訳/溜和敏)
13 権力移行期の世界と日印関係の創造的可能性(竹中千春)

文献案内 (溜和敏,ニディ・プラサード)

Introduction to Contemporary Japan-India Relations
Takenori HORIMOTO, Editor

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報