TOP > ドイツと東アジア 一八九〇-一九四五

ドイツと東アジア 一八九〇-一九四五

ISBN978-4-13-021083-6発売日:2017年04月06日判型:A5ページ数:784頁

内容紹介

帝国主義の時代における,日独・中独・日中の三つの二国関係が重畳的に織りなす「ドイツ=東アジア関係史」 の全体像を構築するとともに,それらが東アジア国際関係史全体に対して有した影響を,関係史の歴史的個性 と内的ダイナミズムを携えて明らかにする.

主要目次

序 課題と視角(田嶋信雄・工藤 章)

総 説
I ドイツの外交政策と東アジア 一八九〇-一九四五(田嶋信雄)
II ドイツの通商政策と東アジア 一八九〇-一九四五(工藤 章)

I 「文明化の使命」とその帰結 一八九〇-一九一四
第一章 清独通商条約改正交渉(小池 求)
第二章 ドイツ土地改革者同盟と膠州領土地令(熊野直樹)
第三章 ドイツ領サモアにおける「人種」と社会層(中村綾乃)
第四章 植民地朝鮮におけるドイツのキリスト教宣教団(李有載)

II 東アジアへの固執 一九一四-一九三一
第五章 第一次世界大戦と「独探馬賊」(田嶋信雄)
第六章 北京関税特別会議と通商政策(工藤 章)
第七章 一九二〇年代における中国市場調査(浅田進史)

III 危機のなかの模索 一九三一-一九四五
第八章 戦間期日本の「西進」政策と日独防共協定(田嶋信雄)
第九章 ドイツのファシズム政権と中国(周恵民)
第十章 IGファルベンの中国戦略(工藤 章)
第十一章 第二次世界大戦期の「満」独通商関係(熊野直樹)
第十二章 ドイツ東洋文化研究協会(OAG)の東アジア研究(クリスティアン・シュパング,スヴェン・サ-ラ)

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報