TOP > 日本のサル

日本のサル

哺乳類学としてのニホンザル研究

ISBN978-4-13-060233-4発売日:2017年05月25日判型:A5ページ数:336頁

内容紹介

ニホンザル研究の最前線――生態学,行動学,認知科学など,多様な分野の気鋭の研究者が執筆.伝統的な日本の霊長類研究の歴史をふまえて,これからのニホンザル研究を展望し,新しい野生動物学の地平を拓く.野生動物の研究や保護管理に携わる人たちの必読書.

主要目次

序 章 日本の哺乳類学とニホンザル研究の過去から現在(中川尚史) 
第I部 ニホンザル研究の再考
 第1章 食性と食物選択(澤田晶子)
 第2章 毛づくろいの行動学(上野将敬)
 第3章 亜成獣期の存在に着目した社会行動の発達(勝 野吏子)
 第4章 行動の伝播,伝承,変容と文化的地域変異(中川尚史)
 第5章 オスの生活史ならびに社会構造の共通性と多様性(川添達朗)

第II部 ニホンザル研究の新展開
 第6章 中立的・機能的遺伝子の多様性(鈴木-橋戸南美)
 第7章 四足歩行や二足歩行による身体の移動(日暮泰男)
 第8章 コミュニケーションと認知(香田啓貴)
 第9章 群れの維持メカニズム(西川真理)
 第10章 寄生虫との関わり(座馬耕一郎)
 第11章 他種との関係(辻 大和)

第III部 人間生活とニホンザル
 第12章 動物園の現状と課題(青木孝平)
 第13章 共存をめぐる現実と未来(江成広斗)
 第14章 福島第一原発災害による放射能汚染問題(羽山伸一)

終 章 これからのニホンザル研究(辻 大和)

あとがき(辻 大和・中川尚史)

Monkeys of Japan: A Mammalogical Studies of Japanese Macaques
Yamato TSUJI and Naofumi NAKAGAWA, Editors

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座