TOP > 省筆論

省筆論  これから出る本

「書かず」と書くこと

ISBN978-4-13-083073-7発売日:2017年07月31日判型:四六ページ数:300頁

内容紹介

叙述において,あえて「書かない」と書くことで,作者は何を表現したかったのか.『源氏物語』を中心に,さらに近代に翻訳を試みた与謝野晶子や谷崎潤一郎とも比較しながら,現代においても多用される「書かず」の叙述に迫る.レトリックによって深まる文章表現の技に光をあてる文学論.

主要目次

「書かず」と書くこと

第一部  
省筆論
夕顔以前の省筆
貫之が諫め
卑下の叙法
「ようなさにとどめつ」考
「思ひやるべし」考
与謝野晶子訳『紫式部日記』私見
省筆の訳出
「御返りなし」考

第二部 
施錠考
村雨の軒端
硯瓶の水
いとやむごとなききはにはあらぬが
「涙」の表記
玉葛の旧跡

The Uses of Ellipsis: “Telling”Without Saying
Takashi TAMURA

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座