TOP > 哺乳類の生物地理学

哺乳類の生物地理学  新刊

ISBN978-4-13-060252-5発売日:2017年06月27日判型:A5ページ数:200頁

内容紹介

生きものの歴史をたどる生物地理学――北海道のヒグマはどのように渡来したのか,日本のハクビシンはどこからやってきたのか,都市に生きるキツネやタヌキはどのように暮らしているのか……最新の遺伝子やDNAの解析から哺乳類の進化や生態に迫る.

主要目次

はじめに
第1章 生物地理学とはなにか――系統地理学への発展
第2章 進化の生物地理学――適応と種分化
第3章 境界線の生物地理学――ブラキストン線とヒグマ
第4章 固有種の生物地理学――イタチ科の動物
第5章 ミクロの生物地理学――糞の生物学
第6章 都市動物の生物地理学――キツネとタヌキ
第7章 外来種の生物地理学――ハクビシン
第8章 生物地理学の課題――過去・現在・未来
おわりに

Biogeography of Mammals
Ryuichi MASUDA

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座