TOP > WTO体制下の中国農業・農村問題

WTO体制下の中国農業・農村問題  これから出る本

ISBN978-4-13-046121-4発売日:2017年08月25日判型:A5ページ数:400頁

内容紹介

WTO加盟により国際的制約にとらわれた中国の農業政策はいかに展開されているのか.離農・階層分化により「誰が農業をするか」「どのように農業をするか」が焦眉の課題となり,新型農業経営体系の構築を模索する中国農業の現状と今後の発展経路を考察する.

主要目次

序 章 中国農業をとりまく経済環境と本書の課題(田島俊雄)
第1章 「転換点」後の農業問題(池上彰英)
第2章 農業財政の構造と農家直接支払い(田島俊雄)
第3章 農村部の資金需要と農村金融の構造(王雷軒)
第4章 中国農業の環境・資源制約――政策・技術的対応の到達点と課題(松永光平)
第5章 中所得段階の食糧需給問題(張馨元)
第6章 畜産業の現状と養豚業(李海訓)
第7章 野菜の生産拡大と流通システムの新展開(森路未央)
第8章 農家の就業行動――出稼ぎと地元兼業(山口真美)
第9章 農民専業合作社の展開とその経済的機能(宝剣久俊)
終 章 新型農業経営体系の構築(池上彰英)

あとがき

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座