TOP > 現代作家アーカイヴ3

現代作家アーカイヴ3

自身の創作活動を語る

ISBN978-4-13-083074-4発売日:2018年02月28日判型:四六ページ数:240頁

内容紹介

その小説家のまず読むべき作品は?――創作の極意,転機となった出来事,これからの話.作家自身が代表作3点を選び,創作活動の歴史を振り返る.貴重なインタビュー集,かつ良質なブックガイドの第3弾.
インタビュー動画も配信中 iibungaku.com

主要目次

はじめに(阿部公彦)

島田雅彦/聞き手 阿部賢一
『彼岸先生』(1992)/『退廃姉妹』(2005)/『徒然王子』(第一部 2008,第二部 2009)
関連年譜/著作目録/インタビューを終えて(阿部)

林 京子/聞き手 関口涼子(詩人)・平野啓一郎(作家)
「祭りの場」(1975)/「長い時間をかけた人間の経験」(2000)/「トリニティからトリニティへ」(2000)
関連年譜/著作目録/インタビューを終えて(関口)

黒井千次/聞き手 阿部公彦
『時間』(1969)/『群棲』(1984)/『一日 夢の柵』(2006)
関連年譜/著作目録/インタビューを終えて(阿部)

Archive of Contemporary Japanese Writers 3: Literary Careers in Their Own Words
Masahiko SHIMADA, Kyoko HAYASHI and Senji KUROI
Masahiko ABE and Iidabashi Literary Club, editors

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報