TOP > 文化政策の現在1 文化政策の思想

文化政策の現在1 文化政策の思想  これから出る本

ISBN978-4-13-003495-1発売日:2018年02月20日判型:A5ページ数:336頁

内容紹介

文化振興を社会の根幹に据える文化芸術基本法の施行により,文化政策は注目を集めている.そこで,文化政策に関係する多様な事例を取り上げ,課題と可能性を抽出し,基礎づけることで今後の多様な要請に応え,目指すべき方向性を提言する.

主要目次

シリーズ刊行にあたって
はじめに
第I部 国家との相克
 第1章 文化と政治(武田康孝)
 第2章 検閲(李 知映)
 第3章 文化国家(中村美帆)
 第4章 文明の思想――帝国主義・植民地主義の胎動(山内文登)
 第5章 文化の思想――帝国主義・植民地主義の転生(山内文登)
 第6章 文化政策論(新藤浩伸)

第II部 権利概念の創出 
 第7章 文化権(中村美帆)
 第8章 芸術の自由(小林真理)
 第9章 アーツ・カウンシル(菅野幸子)
 第10章 分権(長嶋由紀子)
 第11章 文化の民主化,文化デモクラシー(土屋正臣)

第III部 制度規範と文化
 第12章 社会教育(新藤浩伸)
 第13章 文化的発展(長嶋由紀子)
 第14章 文化と経済(阪本 崇)
 第15章 地域・コミュニティ(友岡邦之)
 第16章 文化多様性(河野俊行)
 第17章 文化資源(小林真理)
 第18章 仲介者(佐藤李青)
 第19章 アーツアドミニストレーション(鬼木和浩)

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報