TOP > 政権交代の政治力学

政権交代の政治力学  これから出る本

イギリス労働党の軌跡 1994-2010

ISBN978-4-13-036267-2発売日:2018年02月20日判型:A5ページ数:296頁

内容紹介

サッチャーの登場により不可能とみられていたイギリス労働党の政権奪還は,いかに成し遂げられ,13年に及ぶ政権運営はいかなるものだったのか?――党首二代にわたる立て直しを経て,党首に就任したトニー・ブレアのもと抜本的な改革を経て政権交代を実現し,長期政権を築いたのち総選挙に敗退する労働党の軌跡を辿る.今日まで続く功績と負の遺産の解明を通じて,現代における政権交代の意義と教訓を提示した待望の書.

主要目次

序 章 政権交代にどうアプローチするか 
第1章 ネオ・リベラリズム時代のイギリス政治
第2章 ブレア党首の誕生
第3章 ブレア労働党の党内革命と右旋回
第4章 総選挙マニフェストの形成過程
第5章 労働党政権の制約と裁量
第6章 労働党政権の功罪
終 章 政権交代の光と影

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報