TOP > 教養教育と統合知

教養教育と統合知  これから出る本

ISBN978-4-13-016035-3発売日:2018年03月16日判型:A5ページ数:288頁

内容紹介

従来の教養教育論のレベルを超えて,専門教育との相互連関や,タコツボ的な学問状況を突破する「統合知」という観点から,18名の論者が教養教育の在り方を論じ合い,さらに人間論・存在論や現代社会の重要なテーマに至るまで,多角的・包括的に考察する.

主要目次

はじめに――本書の企図と構成(山脇直司)

第一部 教養教育を再考する
第1章 「教養」のための弁明(野家啓一)
第2章 新しいリベラルアーツを求めて(今田高俊)
第3章 教養教育と市民形成(直江清隆

第二部 統合的教養教育をめざして
第4章 後期教養教育と統合学――リベラルアーツと知の統合(藤垣裕子)
第5章 新学部創設と社会問題アプローチ(水野義之)
第6章 討論型授業による教養教育(宇佐美誠)
コラム1 教養教育と統合教育(伊東俊太郎
コラム2 教養ということ(八木誠一)

第三部 人間存在の統合知
第7章 教養教育における公共哲学の統合的役割――シュライエルマッハー的アプローチ(山脇直司)
第8章 ホワイトヘッドの教育論――古典教育と科学教育の統合(田中 裕)
第9章 宗教間対話と存在論(竹内日祥、田中 裕)
第10章 教養教育における宗教学の役割――教育環境の変化のなかで(島薗 進)
第11章 そこに人間がいるとはどういうことか――「生命の哲学」の視点から(森岡正博)

第四部 現代社会の課題と統合的教養
第12章 現代社会とエネルギー(原子力)問題――その統合学的考察(鈴木達治郎)
第13章 グローバル資本主義と主流派マクロ経済学の抱える問題性(平井俊顕)
第14章 知のコンピューティングと森羅万象の価値創造――リアリティ2.0試論(岩野和生)

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報