TOP > 地域で担う生活支援

地域で担う生活支援

自治体の役割と連携

ISBN978-4-13-051143-8発売日:2018年03月09日判型:A5ページ数:304頁

内容紹介

社会保障政策は現金給付からサービス給付へと移行し,生活困窮者自立支援や子ども・子育て支援といった総合的な生活支援が実施されている.自治体の内外での連携など,それぞれの地域における生活支援の実態について,各地で行った調査をもとに分析する.

主要目次

はしがき(遠藤久夫)
序 章 相談支援の重要性と地域の役割(西村幸満)

I 総論
第1章 社会保障制度における支援の変遷(白瀬由美香)
第2章 市町村における組織体制と職員配置――変遷と課題(畑本裕介・黒田有志弥)

II 自治体における直営・委託の選択とモデル事業
第3章 事業主としての自治体の選択――支援サービス3極化の実態と業務(西村幸満)
第4章 管理職の意思決定過程(西村幸満・藤間公太)

III サービス提供機関の窓口へのアクセスとサービスの利便性
第5章 福祉サービスにおける連携の類型化(西村幸満)
第6章 地域福祉支援サービスの新たな課題――就労準備支援と家計相談支援(西村幸満)
第7章 福祉行政における総合相談窓口設置――P市の事例をもとに(畑本裕介)
第8章 民間事業者による「提案型」の事業実施と連携――A市の取り組みを事例として(工藤健一)
第9章 地域特性と生活困窮者自立支援制度の体制――同一県内の4市の比較(黒田有志弥)
第10章 ひとり親就労支援の実態と困難(藤間公太)

IV 福祉サービスと自立支援――連携が与える影響
第11章 都道府県による広域的な支援の可能性――千葉県における総合相談事業を事例として(白瀬由美香)
第12章 地方自治体における子育て支援の様相(藤間公太)

終章 地域の生活支援提供体制(泉田信行・西村幸満)


執筆者
遠藤久夫(えんどう ひさお)
  国立社会保障・人口問題研究所 所長
  社会保障審議会 医療保険部会 部会長
  社会保障審議会 介護保険部会 部会長
西村幸満(にしむら ゆきみつ)
  国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部 室長
  京都大学 客員教授
白瀬由美香(しらせ ゆみか)
  一橋大学 大学院社会学研究科 教授
畑本裕介(はたもと ゆうすけ)
  同志社大学 政策学部 准教授
黒田有志弥(くろだ あしや)
  国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部 室長
藤間公太(とうま こうた)
  国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部 研究員
工藤健一(くどう けんいち)
  東北福祉大学 総合マネジメント学部 准教授
泉田信行(いずみだ のぶゆき)
  国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部 部長

Livelihood Support in Local Communities: The Role of Municipalities and Their Collaborative Partners
Hisao ENDO and Yukimitsu NISHIMURA, Supervisors
National Institute of Population and Social Security Research, Editor

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報