TOP > 厚生経済学と経済政策論の対話

厚生経済学と経済政策論の対話  新刊

福祉と権利、競争と規制、制度の設計と選択

ISBN978-4-13-040283-5発売日:2018年05月29日判型:A5ページ数:404頁

内容紹介

理論経済学,社会的選択理論の第一人者である著者が,その成果の大要を対話形式で説く.ポール・サミュエルソンや小宮隆太郎などの国際的な著名人との対談から,厚生経済学の理論的な命題の意味と意義を,具体的な政策課題の論脈で例示する.

主要目次

第I部 福祉と権利
第1章 社会的選択の観点からみた《公》《私》問題
第2章 《新》《旧》の厚生経済学と社会的選択の理論――ポール・サミュエルソン教授との対話

第3章 効率性・衡平性・正義を巡って――宇佐美誠教授との対話

第II部 競争と規制
第4章 競争メカニズムを見る福祉経済学の視点
第5章 通念破壊の異端の経済思想――篠原三代平教授との対話
第6章 独禁法と競争政策:八幡、富士両製鉄所の合併事件を中心にして――小宮隆太郎教授との対話

第III部 制度の設計と選択
第7章 経済制度の設計と選択を越えて――競争のフラクタル構造
第8章 規範的経済学と社会のインターフェイス――ウォルター・ボッサール,マーク・フローベイ両教授との対話
第9章 血の通った厚生経済学を求めて

補論1 福祉改善の厚生経済学の実践者:都留重人教授
補論2 分権的な資源配分機構論から比較経済制度論:青木昌彦教授

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報