TOP > シリーズ・グローバルヒストリー1 グローバル化と世界史 

シリーズ・グローバルヒストリー1 グローバル化と世界史 

ISBN978-4-13-025171-6発売日:2018年03月28日判型:四六ページ数:302頁

内容紹介

現代にとって必要とされる歴史学とは何か,「新しい世界史」叙述を提起し,大きく展開する学問状況と,その実践についてわかりやすく論点を明示する.グローバル化する世界のなかで人文学・社会科学が果たす役割と,グローバルヒストリーの具体的な有効性を示す.シリーズ刊行開始.【全9巻】

主要目次

序 章 グローバル化時代の歴史学

第I部 人文学・社会科学と現代世界
第一章 人文学・社会科学の「国際化」
第二章 人文学・社会科学の暗黙知
第三章 知の多元化と言語
第四章 グローバル化時代の人文学・社会科学

第II部 新しい世界史とグローバルヒストリー
第五章 世界史の系譜と新しい世界史
第六章 さまざまなGlobal History/グローバルヒストリー
第七章 グローバル人文学・社会科学としてのglobal history
第八章 グローバルヒストリーの可能性
第九章 新しい世界史のための四枚の見取り図

終 章 未来につながる新しい世界史のために

【シリーズ構成】(タイトル,執筆者の所属は2018年3月現在のものです)
第1巻
『グローバル化と世界史』
羽田正(東京大学東洋文化研究所教授)

第2巻
『史上初のグローバル・カンパニー――オランダ東インド会社と近世世界』
島田竜登(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)

第3巻
『聖地の世界史――創造される祈りの空間』
守川知子(東京大学大学院人文社会研究科准教授)

第4巻
『古着からの世界史――衣類の再利用・再流通の射程』
杉浦未樹(法政大学経済学部教授)

第5巻
『仲介者のつくる世界史──経済変動とグローバル化のなかで』
村上衛(京都大学人文科学研究所准教授)

第6巻
『海賊と近代世界――「人類の敵」をめぐる国際秩序形成』
太田淳(慶應義塾大学経済学部准教授)

第7巻
『解放しない人びと、解放されない人びと――奴隷制廃止の世界史』
鈴木英明(長崎大学多文化社会学部准教授)

第8巻
『ユーラシアの「茶の世界史」――商人・民族・文化の交錯』
森永貴子(立命館大学大学院文学研究科教授)

第9巻
『両岸の旅人─―イスマイル・ユルバンと近代地中海』
工藤晶人(学習院女子大学国際文化交流学部准教授)

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報