TOP > 医師の不足と過剰

医師の不足と過剰  これから出る本

医療格差を医師の数から考える

ISBN978-4-13-053028-6発売日:2018年09月25日判型:四六ページ数:232頁

内容紹介

「医療崩壊」が叫ばれる昨今,医師の数ははたして適正にコントロールされているのか.本書は,戦後の医師養成の歴史をふまえ,他の職種と比較しつつ医師の数の問題に実証的に迫る試みである.多くの医師が都会に集中し,偏在が解消されない現状に警鐘を鳴らし,あるべき医の未来を展望する.

主要目次

はじめに
第1章 医学部はなぜ人気があるのか
第2章 医師はどのように養成されてきたのか
第3章 医師の数はどう決まるのか――医師数のマクロ的側面
第4章 医師の分布は均一なのか――医師数のミクロ的問題
第5章 医師数の問題をいかに解決するのか

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報