TOP > 身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知

身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知  これから出る本

ISBN978-4-13-064402-0発売日:2018年12月14日判型:A5ページ数:276頁

内容紹介

これからの社会に必要とされる有効なリハビリテーション法の確立を目指すシリーズ全2巻.本巻では「身体認知」を扱う.幻肢をはじめとした身体錯覚やバーチャルリアリティなどのリハビリへの活用といった最新のトピックも収録.理学療法や神経科学に携わる人必携.(既刊第1巻は「運動制御」を扱う)

主要目次

第I部 身体認知とリハビリテーションの理論
第1章 身体認知とは――脳の中の自己身体(淺間 一・前田貴記)
第2章 身体意識の脳科学(今水 寛・村田 哲・大木 紫・浅井智久・大畑 龍・望月 圭)
第3章 身体意識の脳内表現マーカー(鎌田恭輔・松本理器)
第4章 身体意識の数理モデル(矢野史朗・近藤敏之)

第II部 応用事例
第5章 VR・クラウドリハビリシステム――身体意識への介入(稲邑哲也)
第6章 運動観察リハビリテーション――視覚情報を利用した運動学習(出江紳一・大内田 裕)
第7章 身体失認・失行症のリハビリテーション――身体意識の問題から考える(森岡 周・嶋田総太郎)

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報