ホーム > お知らせ

お知らせ

1~10件 (全840件) | 1 |  2  |  3  |  4  |  5  | 次の10件

『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』が本の要約サイトflierで紹介 - 2018.08.09



鎌田富久『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』が本の要約サイトflier(フライヤー)に掲載されました.

「読み進めるにつれて感じるのは、未来をつくる挑戦者たちへの、著者の深い愛情だ」

関連書籍はこちら

2018年度全社一斉夏季休業(8/13-15)のお知らせ - 2018.08.09

8/13から8/15にかけての三日間を,小会は全社一斉夏季休業期間といたします.

『検証アベノミクス「新三本の矢」』の書評が8/4「日本経済新聞」に掲載 - 2018.08.08



『検証アベノミクス「新三本の矢」』の書評が8/4「日本経済新聞」に掲載されました.
「『新三本の矢』というフレーズは一過性に終わった印象が強い.とはいえ,強い経済をつくり,子育てや介護を改めていくという『新三本の矢』に盛り込まれた各論はやはり重要だ.こうした分野の取り組みが実際にどれだけ進んだのかを学術的な観点から検証し,新聞・雑誌とは違った視点を提供している」

関連書籍はこちら

2018年9月刊行予定の新刊一覧 - 2018.07.31

「これから出る本」の発売日は変更になる可能性があります.目安としてご覧ください.

関連書籍はこちら

河原創『系外惑星探査』の書評が「天文月報」2018年8月号に掲載 - 2018.07.30


河原創『系外惑星探査』の書評が「天文月報」2018年8月号に掲載されました.評者は山田真也氏(首都大学東京宇宙物理実験室助教).
「系外惑星に関して,観測と理論の知識を一挙に獲得したい読者にもオススメ〔…〕日本語で全体を丁寧に解説しており,初学者の敷居を大いにさげてくれる」

関連書籍はこちら

鈴村興太郎『厚生経済学と経済政策論の対話』が7/28「日本経済新聞」で紹介 - 2018.07.30


鈴村興太郎『厚生経済学と経済政策論の対話』が7/28「日本経済新聞」で紹介されました.「景気に応じ循環する経済学説 アベノミクスの賞味期限は――早稲田大学栄誉フェローの鈴村興太郎著『厚生経済学と経済政策論の対話』は,〔経済学説のロング・サイクル説を提唱した〕篠原〔三代平〕氏へのインタビュー論文(01年)を再録している」

関連書籍はこちら

『政権交代の政治力学』著者の今井貴子先生が7/18「北海道新聞」に寄稿 - 2018.07.30


『政権交代の政治力学』著者の今井貴子先生がインタビューを受けた記事が7/18「北海道新聞」に掲載されました.
「党首討論 説明責任の場――政府が自らの行動やその行動理由を国民に説明することは民主的な政治の基本です.今国会では森友・加計学園を巡る疑惑など,政府が説明すべきさまざまな事柄があったにもかかわらず,その多くで説明責任が果たされないまま閉会を迎えようとしています.危機感を持つべき事態です.〔…党首討論は〕日本では野党の追及の場として捉えられがちですが,英国では異論に向かい合うことで首相側が正当性をアピールできるチャンスとも受け止められています.その役割を安倍首相自らが否定するのは,説明責任から逃れたいのでは,という印象しか持てません〔…〕短時間でいかに鋭い質問をして首相に意味のある答弁をさせるか,質問者の力量も問われる」
コラム「これでいいのか国会」での掲載です.

関連書籍はこちら

佐藤直樹『細胞内共生説の謎』が7/22「読売新聞」で書評 - 2018.07.24


佐藤直樹『細胞内共生説の謎』が7/22「読売新聞」で書評されました.
評者は塚谷裕一氏(植物学者・東京大学教授).
「細胞の中にあるミトコンドリアや葉緑体は,古い昔にバクテリアが細胞内に共生して生じたとされている.細胞内共生説である〔…〕著者自身が開発した分子系統解析技法を背景に,葉緑体が今現在持っている遺伝子の由来の多くが,ただ一回の共生では説明のつかないことを解き明かす.高校生ではややハードルが高いかもしれないが,ぜひ夏休みの間にチャレンジしてもらいたい」

関連書籍はこちら

東京大学史料編纂所編「オランダ商館長日記」が7/17「読売新聞」夕刊で紹介 - 2018.07.23

東京大学史料編纂所編「オランダ商館長日記」が7/17「読売新聞」夕刊で紹介されました.
「史書を訪ねて:オランダ商館長日記 長崎県・原城――一揆勢の士気下げた砲撃」と題したコラムの中で,島原・天草一揆勢が籠城した長崎県南島原市の原城を,オランダ商館の船が砲撃したエピソードを紹介し,その出典として「オランダ商館長日記」があげられました.
史料編纂所で「オランダ商館長日記」の編纂に携わっていらっしゃる松井洋子先生のコメントも掲載されています.
「幕府からの許可など記す――アジアの商館日記の中でも,日本のものは一番残りがいいとされています〔…〕内容は,幕府側から何を言われ,どう反応したか,などです〔…〕日本人への不満も記され,面白いですよ」

関連書籍はこちら

1~10件 (全840件) | 1 |  2  |  3  |  4  |  5  | 次の10件

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報