ホーム > お知らせ > 『そこで液状化が起きる理由』の若松加寿江先生の談話が9/11「神奈川新聞」に掲載

『そこで液状化が起きる理由』の若松加寿江先生の談話が9/11「神奈川新聞」に掲載



『そこで液状化が起きる理由』著者の若松加寿江先生の談話が9/11「神奈川新聞」に掲載されました.
「【北海道地震】札幌液状化「降雨と強い揺れが原因」 関東学院大学研究員が分析――地形図などを分析した若松研究員によると,顕著な液状化被害が起きたのは,昔あった二つの谷の合流地点.道路の陥没や住宅の傾斜,大量の噴砂といった液状化特有の様相を呈している.▼この一帯は造成され,現在は宅地だが,水を含むと流動しやすい火山灰質の砂で盛り土などが行われたと考えられるという.」

ウェブ版の記事はこちらです.

2018年3月刊行の『そこで液状化が起きる理由』の中でも,札幌市清田区美しが丘は2003年十勝沖地震の際に液状化が起きた事例として紹介されていました(151-152頁).

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報