ホーム > メディア掲載

メディア掲載

1~10件 (全54件) | 1 |  2  |  3  |  4  |  5  | 次の10件

鈴村興太郎『厚生経済学と経済政策論の対話』が7/28「日本経済新聞」で紹介 - 2018.07.30


鈴村興太郎『厚生経済学と経済政策論の対話』が7/28「日本経済新聞」で紹介されました.「景気に応じ循環する経済学説 アベノミクスの賞味期限は――早稲田大学栄誉フェローの鈴村興太郎著『厚生経済学と経済政策論の対話』は,〔経済学説のロング・サイクル説を提唱した〕篠原〔三代平〕氏へのインタビュー論文(01年)を再録している」

関連書籍はこちら

『政権交代の政治力学』著者の今井貴子先生が7/18「北海道新聞」に寄稿 - 2018.07.30


『政権交代の政治力学』著者の今井貴子先生がインタビューを受けた記事が7/18「北海道新聞」に掲載されました.
「党首討論 説明責任の場――政府が自らの行動やその行動理由を国民に説明することは民主的な政治の基本です.今国会では森友・加計学園を巡る疑惑など,政府が説明すべきさまざまな事柄があったにもかかわらず,その多くで説明責任が果たされないまま閉会を迎えようとしています.危機感を持つべき事態です.〔…党首討論は〕日本では野党の追及の場として捉えられがちですが,英国では異論に向かい合うことで首相側が正当性をアピールできるチャンスとも受け止められています.その役割を安倍首相自らが否定するのは,説明責任から逃れたいのでは,という印象しか持てません〔…〕短時間でいかに鋭い質問をして首相に意味のある答弁をさせるか,質問者の力量も問われる」
コラム「これでいいのか国会」での掲載です.

関連書籍はこちら

東京大学史料編纂所編「オランダ商館長日記」が7/17「読売新聞」夕刊で紹介 - 2018.07.23

東京大学史料編纂所編「オランダ商館長日記」が7/17「読売新聞」夕刊で紹介されました.
「史書を訪ねて:オランダ商館長日記 長崎県・原城――一揆勢の士気下げた砲撃」と題したコラムの中で,島原・天草一揆勢が籠城した長崎県南島原市の原城を,オランダ商館の船が砲撃したエピソードを紹介し,その出典として「オランダ商館長日記」があげられました.
史料編纂所で「オランダ商館長日記」の編纂に携わっていらっしゃる松井洋子先生のコメントも掲載されています.
「幕府からの許可など記す――アジアの商館日記の中でも,日本のものは一番残りがいいとされています〔…〕内容は,幕府側から何を言われ,どう反応したか,などです〔…〕日本人への不満も記され,面白いですよ」

関連書籍はこちら

『検証 アベノミクス「新三本の矢」』が「週刊エコノミスト」7/24号で紹介 - 2018.07.18



『検証 アベノミクス「新三本の矢」』が「週刊エコノミスト」7/24号「話題の本 Book Review」で紹介されました.
「旧三本の矢(金融緩和,財政出動,成長戦略)の成果には否定的な編者だが,日本経済の成長には構造改革が不可欠で,新三本の矢はその柱になり得るとし,金融緩和や財政政策に頼らず,痛みを伴う改革こそが持続的成長を実現すると説く」

関連書籍はこちら

『ウミガメの自然誌』の亀崎直樹先生が7/16「朝日新聞」で紹介 - 2018.07.17

『ウミガメの自然誌』編者の亀崎直樹先生が7/16「朝日新聞」で紹介されました.
「ウミガメの生態に詳しい亀崎直樹・岡山理科大教授(62)は『繁殖や成長,移動の仕方を調べると例外が際限なく出てくる.研究者泣かせです』と話す」
海の日にちなんでウミガメの話題を取り上げた「天声人語」での紹介でした.

関連書籍はこちら

『現代作家アーカイヴ3』が7/4「毎日新聞」で紹介 - 2018.07.04


阿部公彦・飯田橋文学会編,島田雅彦・林 京子・黒井千次著『現代作家アーカイヴ3』が7/4「毎日新聞」で紹介されました.
「『現代作家のナマの声を残す』という目的のインタビュー企画の第3巻.自作から3作品を選んでもらい,創作の動機などを聞いていく」

関連書籍はこちら

『日中 親愛なる宿敵』著者のシーラ・スミス氏が6/13「読売新聞」にコメント - 2018.06.13

『日中 親愛なる宿敵』著者のシーラ・スミス氏が6/13「読売新聞」にコメントを寄せられました.
「米朝首脳会談どう見る 非核化 手順欠き失望――きちんとした軍縮や武装解除の取り決めは,手順と期日,そして最も重要なこととして検証方法が定められているものだ.共同声明はそうした基本的な要素が欠けており,あまり多くを期待し,信頼することはできない」
解説記事「論点スペシャル」へのコメント寄稿で,『日中 親愛なる宿敵』も近著として紹介されています.

関連書籍はこちら

『ソーシャルメディアと公共性』編者の遠藤薫先生が6/4「朝日新聞」にコメント - 2018.06.05

『ソーシャルメディアと公共性』編者の遠藤薫先生が6/4「朝日新聞」の取材に応えてコメントを寄せられました.
「週刊誌×テレビ×SNS 威力増すスキャンダル報道――『ネットの普及によって爆発力が増した』と遠藤薫・学習院大学教授(社会情報学)は話す.週刊誌が発売前に,記事の一部や動画をネットにアップして耳目を集める手法が一般化.SNSは格好の増幅装置となっている」

関連書籍はこちら

ニコルソン『外交』が6/3「毎日新聞」で紹介 - 2018.06.05

ニコルソン著,斎藤真・深谷満雄訳『外交』が6/3「毎日新聞」で紹介されました.
「先日の小欄で『外交辞令』を辞書で引いてみたが,英語の辞書で「ディプロマティック」を引くと「外交的」のほか「そつのない」「如才ない」などとある.が,並んで「古文書学の」とあるのは何なのか▲実はこちらがディプロマシー(外交)のルーツだという.『外交という言葉は長年,古文書の保存,過去の条約の分析および国際交渉史の研究と結びつけられてきた』(ニコルソン『外交』).外交は如才ない社交術ではなかったのだ」
コラム「余録」でのご紹介です.

関連書籍はこちら

『グローバル化と世界史』が5/26「日本経済新聞」で紹介 - 2018.05.29



羽田正『シリーズ・グローバルヒストリー1 グローバル化と世界史』が5/26「日本経済新聞」で紹介されました.
「18世紀以降の世界を政治権力の形態=政体に注目して色分けし,4つの時点ごとに見取り図を描いた〔…〕国民国家を前提にした一国史やマルクス主義史観,近代化論など陰に陽に西洋を中心とみなす従来の歴史感は『グローバル化する世界を認識する枠組みとしては古くなってしまった』と羽田教授は語る.『地球上の住民全てにとって意味があり,理解されうる新しい世界史とは何かをシリーズを通じて問いかけていきたい』」
コラム「文化往来」の中での紹介です.

関連書籍はこちら

1~10件 (全54件) | 1 |  2  |  3  |  4  |  5  | 次の10件

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報