工藤庸子『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ』が「週刊読書人」1/13号で紹介


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「専制に抗する礼節 仏革命後の動乱を駆け抜けたひとりの卓越した女性――自由な語らいの場における礼節こそが,支配的な意見や専制に対する抵抗の砦であったという本書の指摘はことのほか重い」(菅谷憲興:立教大学教授・フランス文学)

書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します.

月別記事リンク