『安達峰一郎』が2/26「毎日新聞」で紹介されました

「「安達峰一郎」研究書刊行――敗戦後の日本では忘れられてきたその業績について外交史・国際政治・国際法の第一級の専門家10氏が取り組んできた初の本格研究書『安達峰一郎 日本の外交官から世界の裁判官へ』(柳原正治・篠原初枝編)が東京大学出版会から刊行される」


毎日新聞の該当記事はこちら.

書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します.

【下記イベントは既に終了しました】

3月6日月曜日には本書の刊行を記念してシンポジウムがおこなわれます.詳細は下記の通り.
【日時】:3月6日(月) 14時開始(13:30開場)
【場所】:キャンパス・イノベーションセンター東京(〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6),JR田町駅芝裏口からエスカレーターをおりて右手すぐ.
参加無料,事前登録不要.
場所は東京・芝浦のキャンパス・イノベーションセンター東京(東京工業大学・田町キャンパス内),参加無料,事前申込も不要です.
お問い合わせは,本研究プロジェクトを主催した山形大学総務部までお寄せください.
電話:023-628-4006
FAX:023-628-4013
E-mail:somsomu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

月別記事リンク