『国際標準の考え方』が5/27「日本経済新聞」で紹介

「効率的な規制とは 課題を考察――商品やサービスの質の多様性を調整し,単純化するための手法である国際標準の課題について分かりやすく解説している.〔…〕標準化は,明確な表示で商品等の質を保証できる.この結果,生産者と利用者との情報の非対称性を克服し,取引コストを削減することで市場の規模を大きく広げることができる.」(八代尚宏・昭和大学特命教授)

書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します.

月別記事リンク