『生活機能とは何か ICF:国際生活機能分類の理解と活用』販売のお知らせ

分類:定番 [2007-07-05]

seikatsukinou.jpg
 2007年6月に小冊子『生活機能とは何か ICF:国際生活機能分類の理解と活用』を刊行いたしました.これからの健康・医療・福祉などを考えていく上で基本的な考え方となるICF(国際生活機能分類)について,その理念と実践の概略をコンパクトにまとめた小冊子です.福祉・介護・リハビリテーション関連学校やケアマネージャー現任研修会のテキストとして最適です.
 
 
 

大川弥生[著]『生活機能とは何か ICF:国際生活機能分類の理解と活用』
A5判・32頁/定価(本体価格500円+税)+送料

 なお,本品のご注文・販売は,小会に直接お申し込みの場合に限らせていただきます.書店経由などでの注文・販売はできませんので,あらかじめご了承願います.
 
本商品は頒布金額(頒価500円+税)と送料を前払いにて承っております.
郵便振替または現金書留にてご送金ください.

送料 1冊 230円
   2〜10冊 一律500円
   11〜99冊 一律1000円
   100部以上 送料無料

■郵便振替(00160-6-59964 加入者名:一般財団法人東京大学出版会)

■お問い合わせ先
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-5-29
東京大学出版会 販売部 直送係
TEL 03-6407-1069 / FAX 03-6407-1991

【主要目次】
第1部 生活機能とは
「生きることの全体像」についての「共通言語」
「生きることの全体像」:生活機能モデル
生活機能モデルの特徴
「生活機能」とは「心身機能」「活動」「参加」の包括概念
マイナスもプラスの中に位置づけて
生活機能に影響する「健康状態」と「背景因子」
階層性の意義――相互依存性と相対的独立性
「統合モデル」としての生活機能モデル
「活動」の実行状況(している活動)と能力(できる活動)
第2部 ICFとは
WHO―FIC(国際分類ファミリー)――中心分類としてのICFとICD
ICFの分類の原理と構成
「共通言語」とは共通のものの考え方・とらえ方
ICFの活用――コーディングの実際
「活動」・「参加」の評価点基準
環境因子の評価点にはプラスとマイナスが
「生活機能整理ノート」の活用を

月別記事リンク