「パブリッシャーズ・レビュー」50号を発行しました

分類:最新情報 [2016-11-22]

「パブリッシャーズ・レビュー」は,東京大学出版会(5・11月),白水社(1・4・7・10月),みすず書房(3・6・9・12月)の3社が持ち回りで各月15日に発行するタブロイド判出版情報紙です.2011年12月に「みすず書房の本棚」として創刊いたしました.

小会が刊行を担当する2016年11月号(全社通巻第50号,小会担当分としては第10号)を発行いたしました.

・「知性の新しい姿の共有を目指して」(『教養としての認知科学』)鈴木宏昭(青山学院大学教育人間科学部教授)

・「外国人労働者受け入れ政策を考える手掛かりとして」(『外国人労働者受け入れと日本社会』)上林千恵子(法政大学社会学部教授)

・「博論と出版のあいだ――『日本型大衆消費社会への胎動』の場合――」(『日本型大衆消費社会への胎動』)満薗勇(北海道大学大学院経済学研究科准教授)

今号では上記三名の著者の先生方によるエッセイを掲載するほか,2016年4月から10月までの新刊一覧,最近の重版・新聞メディア掲載書籍一覧,その他紹小会の活動にまつわる情報を満載しています.

「パブリッシャーズ・レビュー 東京大学出版会の本棚」の送付をご希望の方は,郵送先登録ページからご登録ください.

「パブリッシャーズ・レビュー みすず書房の本棚」,「パブリッシャーズ・レビュー 白水社の本棚」の送付のご希望は,それぞれの社でお受けします.
たいへんお手数ですが,発行の社ごとにお申し込みをお願いいたします.

 「みすず書房の本棚」はこちら
 「白水社の本棚」はこちら

月別記事リンク